マイルdeハワイ

ANAマイルの貯めてハワイに行く方法を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

MILE DE HAWAII

Love HAWAII, Love ANA mile......
スポンサードリンク
       

ANA国際線の特典航空券の空席待ちをした結果。成功確率はどれくらい?予約を勝ち取るためにするべき行動とは?

最終更新日:2019年5月18日

ANA国際線の特典航空券の空席待ち

ANAマイルを貯めたら、いよいよ特典航空券の予約です。

「今までコツコツと貯めたマイルで、いざ希望エリア・日程の飛行機をとるぞ!」
と意気込んだのも束の間、空席待ちだらけの画面に絶句してしまったなんてことありませんか?


ANA国際線の特典航空券はとにかく予約が取りにくい!
ANAマイルを貯めることよりも、ANAマイルを使うことの方が難しいんです。


希望のフライトの特典航空券が満席ならば、別日程にするか空席待ちするしかありません。
でも、初めての人は「空席待ち」の実態をご存知ないかもしれません。


・ANA国際線の特典航空券の「空席待ち」ってどんなもの?
・「空席待ち」は成功するの?その確率は?
・どうしても特典航空券を手配したいときはどうすればいいの?

今回はそんな「空席待ち」の疑問について紐解いていきたいと思います。


ブログ名にある通り、私はハワイに行くためにANAマイルを使っているので、ANA特典航空券のホノルル線を例に挙げて説明していきます。


ちなみに私はホノルル線のビジネスクラスの空席待ちを過去6回トライしたことがあります。
果たして空席待ちで成功したことがあるのか?
後ほど触れていきます。


ANA国際線の特典航空券の空席待ちとは?

国際線空席待ちの基本ルールは以下の通り。(ANA公式サイトから参照)

  • 片道につき1便の空席待ちが可能。
  • 空席待ち希望の便と同一区間に座席が確保できている便がある場合は、空席待ち予約ができない。
  • 申し込み・預かり期限は、発券前なら第一区間出発の14日前まで、発券後なら空席待ちを希望する便の出発14日前まで。
  • 席が用意できた時点で、登録済メールアドレスに通知される。
  • 発券期限までに発券しないと予約が自動的にキャンセルになる。
  • 発券手続きするまで、マイルは減算されない。

基本的にそのままの意味です。


ただ、2番目の【空席待ち希望の便と同一区間に座席が確保できている便がある場合は、空席待ち予約ができない。】はあってないようなルールなんです。
というのも、これについてANAの予約システム上の制限がかかってないんです。


試しに予約を入れてみました。
上が確定して発券済みの予約。下が片道分を空席待ちしていて未発券の予約。

ANAホノルル線の空席待ち予約
どちらも東京(成田)↔︎ホノルル間(オアフ島)という同一区間でありながら、確保できている予約があっても空席待ちの予約ができてしまうんです。
この2つの予約をしている状態で、ANAのオペレーターさんと予約詳細について電話でやりとりしましたが、特に突っ込まれることはありませんでした。

システム制限が無いとはいえ、公式ルールとして記載されていることなので悪用は厳禁ですね。

特典航空券の空席待ちの意外と知らないルール

基本的なルールがあれば、意外と知られていないルールもあります。
空席待ちの成功確率を把握する手助けになるかもしれなので、ぜひ覚えておきましょう。

空席待ちは全員分の座席が用意できないと確保されない

例えば、希望便のビジネスクラス特典航空券の空きが1席しか無い場合。
この便に対して、ビジネスクラス2名分の空席待ち予約をする場合、2名分が空席待ちとなり空いている1席を確保しておくことはできません
全員分の座席=この場合は2名の座席が用意できていないからです。

この状態で、後から他の誰かが1名分のビジネスクラスの特典航空券を予約してしまった場合、その空席は取られてしまうことになります。
レストランの順番待ちでよくある、カウンターの1名席が空いたから、テーブル席待ちの人達を差し置いて先に店内に案内されるパターンとよく似ています。


これって結構リスキーな問題ですよね。
ただでさえ開放枠が少ない特典航空券なのに、先に空いている席を見つけているにも関わらず全員分の座席が無いと席を確保できないなんて・・・


これを回避するためには、この空いている枠を確実に確保しておかなければなりません。

例えば、夫と妻の2名で同便を利用したい場合、空席の1枠を夫の予約として先に予約を確定・発券しておきます。
これで夫の分は特典航空券が確保でている状態なので、特典航空券が確保できていない妻の分は空席待ち予約をかけ、空きが出た時点で予約するという方法。
妻の分の特典航空券が取れなかったときは、夫の旅程を変更もしくは3,000マイル支払ってキャンセルすることになります。
しかし、同便で2名分の特典航空券を確保するためには、この方法は有効な手段だと思います。

あれ?でもこれって先ほどの基本ルールの2番目の【空席待ち希望の便と同一区間に座席が確保できている便がある場合は、空席待ち予約ができない。】に抵触しますよね?
夫の分で既に座席が確保されていて、同一区間で妻の空席待ち予約をすることになりますから。
もちろん夫と妻がそれぞれANAマイレージクラブ会員となっていて、それぞれの会員アカウントから予約を入れればこのルールには引っかかりませんが、夫のみANAマイレージクラブ会員で夫のアカウントから2人分の予約を取るなんてことは往々にしてあると思います。
もしかしたらこういうパターンを想定してANAさんはあえてシステム制限をかけていないのかもしれませんね。

空席待ちは上級会員が優先される

特典航空券の開放枠は上級会員の方が多いというのは有名ですが、空席待ちにおいても上級会員は優遇されています。

ANAマイレージクラブの場合、会員ステータスは上位順で以下の通り。

ダイヤモンドメンバー、プラチナメンバー・スーパーフライヤーズ(SFC)、ブロンズメンバー、一般会員


国際航空券の空席待ちにおいても、ダイヤモンドメンバーが最優先となります。
つまり、一般会員がどんなに早い段階で空席待ち予約をしていようとも、後から空席待ち予約をしたダイヤモンドメンバーには勝てないということです。

ANA国際線特典航空券の空席待ちでは上級会員が優先

もちろんダイヤモンドメンバーだけでなく、プラチナ・SFC・ブロンズメンバーがいれば一般会員の空席待ちの優先順位は後ろに回されてしまいます。

従ってステータスが無い一般会員は、空席待ちにおいては非常に不利な状況となります。
ANAマイラーがこぞって上級会員を目指す理由も頷けますよね。

ちなみに、プラチナメンバーとスーパーフライヤーズ(SFC)のステータスに置ける扱いは同等と言われていますが、最近ANAではプラチナメンバーを優遇する動きがあるので、実際のところはプラチナメンバー>スーパーフライヤーズ(SFC)となっているかもしれません。
確かなところは分かりませんが・・・。


■一度権利を得れば、一生モノのステータスが手に入る!SFC会員ついての記事はこちらから
www.mile-de-hawa11.com

特典航空券の開放枠は、アップグレード特典の枠と共通

特典航空券とは別に、有償航空券を手配した上で、マイルやアップグレードポイントを利用して上位クラスにアップグレード申請をかけることも可能です。

しかしアップグレード申請は座席に空きがあれば通るというものではなく、アップグレードできる席数にも限りがあります。
そのアップグレードの開放枠と特典航空券の開放枠は共通となります。

何が言いたいのかと言うと、特典航空券が空席待ちになっているからアップグレード枠で上位クラスの航空券を取ろうとしても、それが同一便であればアップグレード枠も埋まっていると言うことです。
その場合、アップグレード申請も空席待ちすることになります。
逆を言えば、アップグレード申請で枠が埋まっている限り、特典航空券に空席は落ちて来ないと言うことです。


また、特典航空券の空席待ち預かりが14日前までなのに対して、アップグレード申請の空席待ち預かりは当日までとなっています。
この点においてアップグレード申請は優遇されています。
有償航空券を購入しているわけですから当たり前といえば当たり前ですね。

特典航空券の場合は預かり期限をすぎた場合=出発2週間前以内の便は空席待ちできないので、そこは自分で予約画面を監視して探すしかありません。
反対に、アップグレード申請は空きが出れば自動で席が確保されることになるので、空席待ちの可能性がちょっとだけ上がりますね。

特典航空券の開放枠は追加されることもある

特典航空券は、路線・シーズン・会員ステータス毎に基本的な開放枠数が決まっています。
ただし、対象便に十分な空席がある場合、追加で特典航空券として枠が開放されることもあるようです。

枠が追加で開放されれば空席待ちの可能性も広がりますね。
ただ特典航空券の空席待ち預かりは14日前までなので、2週間以上前の段階でANAさんが見切りをつけて開放枠を増やすというのも考えづらいですが・・・。

これについては不確定要素が多いのであまり期待はできませんが、直前になればなるほど特典航空券が取りやすくなるかも?しれませんね。


激戦区の空席待ちの成功率は絶望的

さて空席待ちのルールを一通り見てきましたが、実際どうなの?というのが気になるところですよね。

私の戦歴から申し上げましょう。
ホノルル線の空席待ち6回(全て片道分だけ)に対して、6戦6敗!つまり完敗です!

ANAで最も激戦と言われるホノルル線ですから当たり前の結果かもしれませんが、「もしかしたらイケるんじゃないか?」という淡い期待はことごとく打ち砕かれてきました・・・。

直近ではANAホノルル線に投入される新機材A380の2019年6月フライトのビジネスクラスの空席待ちをしてみましたが、ANAのコールセンターの方に空席待ち人数を聞いてみるとなんと24人待ち!!
ANAホノルル線に投入される新機材A380の特典航空券空席待ち
もはや空席待ちの成功確率はほぼゼロと言ってもいいでしょう。
私の会員ステータスはSFCですが、例え空席が出たとしてもこれだけ待ち人数がいると優先順位1位の座は難しいことが目に見えています。

ちなみにこの場合だけでなく、空席待ちをする際には毎回待ち人数をコールセンターで確認していますが、ANAハワイ便のビジネスクラスにおいては毎回10人以上が空席待ちをしていました。
たまたま私が空席待ちした便が人気だったのかもしれませんが、やはり人気路線の空席待ちの成功率は絶望的です。


そもそも、空席待ちの成功に確率なんてものはありません。
運だけで勝敗が決まる世界です。


空席待ちをするということは、既に予約している誰かが予約を取り下げてくれないことには始まらないんです。
そんな個人の状況なんてマチマチですから、正直分かりません。
そして、同じ便に空席待ちしている人がどれくらいいるか?どんなステータスなのか?も便毎に異なりますので、本当に予約運しか頼れるものはありません!
どんなに空席待ち人数が多くても自分より上位ステータスがいなければ取れるかもしれないし、空席待ちが自分の他に1人しかいなくてもそれが上位ステータスの人だったら勝てないのですから。


空席待ちはやってみないことには結果はわからない。
けれど限りなく成功率は低い。

分かることはこれだけなんです。


ただし、人気路線であればあるほど予約枠解放のタイミング(約1年ほど前)で、かなり前から特典航空券の予約確保している人が多いのも確か。
そして、結果的に予定が合わなくてキャンセルする人が一定数いるのも確かです。
そのキャンセルされた枠が、たまたま自分の元へ巡ってくることを祈るしかありません。


しかし空席待ちをじっと待っているだけでは、特典航空券を確保することは難しいままです。
ここからは、予約を勝ち取るために取るべき行動について解説して行きます。


どうしても特典航空券を予約したいときに実践すべきこと

特典航空券で予約したい便が空席待ちでいっぱい・・・。
どうしたいいのか・・・。

と途方に暮れる前に、出来ることをやっておきましょう。
努力とタイミング次第では上手いこと特典航空券が確保できるかもしれませんよ?

2週間前からの直前予約を狙う

激戦区の特典航空券を取るためには、小まめに空席状況を確認するしかありません。
私が狙うホノルル線のビジネスクラスの特典航空券を例にあげると、2ヶ月以上前だとほとんど満席の状態ですが、約1ヶ月ほど前から稀に空席が出始めます。
そして半日以内にはすぐ埋まってしまうことが多いです。

そして2週間前を切ると、「稀に」という頻度より「ちらほら」とした頻度で空席が出てきます
ここが最も特典航空券を取れる狙い目のタイミングです。

なぜ2週間前を切ると空席が増えるのかというと、空席待ちの預かり期限14日前を過ぎて空席待ちしている人がいなくなるためです。
つまり、この期間の予約は見つけた人の早い者勝ち状態なんです。
もちろんアップグレード申請で空席待ちをしている人がいれば空席は降りてきませんが、それがなければ先に空席を見つければいいという単純な話となります。

そして、空席待ち預かりの期限が過ぎるタイミングは、「片道のみ確保していた人の空席待ち」がキャンセルされ、その確保されていた片道が空席として降りてくるタイミングでもあります。
更に直前キャンセルする人も増えてくるタイミングなので、この2週間は空席を見つけやすいチャンスタイムとなります。
正直、空席待ちをするよりもこの直前予約の方が空席をゲットできる可能性が高いと思います。


激戦区の場合、空席が出てもすぐに埋まることが多いので、時間の許す限り小まめにチェックして、空きを見つけたら即座に確保することをオススメします。


■ハワイ便ビジネスクラスの特典航空券の直前予約ついての記事はこちらから
www.mile-de-hawa11.com


クラス混在で検索し直す

希望便が空席待ちしかない場合は、予約クラスを落として検索することも一つの手です

絶対ビジネスクラスで往復取りたい!と思って空席を探して無い場合は、ビジネスクラスだけに固執すると予約成功の扉は開きません。
そんな時はエコノミーやプレミアムエコノミーの検索してみましょう。すると意外と空きがあったりします。
特にホノルル線の新機材A380ではエコノミー・プレミアムエコノミーの特典航空券解放枠が多いので、ビジネスクラスより格段に予約が取りやすくなっているんです。

検索画面で「クラス混在」を選択すれば、以下の通り予約クラス別に空席を確認することができるので、是非トライしてみましょう。
ANA国際線特典航空券のクラス混在予約

この方法であれば、片道ビジネスクラス・片道エコノミーといった予約の取り方もできるので、空席状況に合わせて柔軟な予約が出来ますよ。


■クラス混在の詳細についての記事はこちらから
www.mile-de-hawa11.com

355日前予約で確実に特典航空券を取る

そもそも確実に特典航空券を抑えておきたいのであれば、席が埋まる前に予約をしておくことがベストです。
国際線の特典航空券の枠の解放が355日前なので、このタイミングで予約するとだいぶ先の旅程となりますが、予約した特典航空券の旅程に自分の予定を合わせるしかありません。

人気路線では枠解放とともに予約が埋まることがほとんどなので、確実に予約をするためのテクニックを確認して予約しましょう。

■特典航空券の枠解放と同時に予約する方法についての記事はこちらから
www.mile-de-hawa11.com

まとめ

  • ANA国際線の特典航空券の空席待ちは、やってみないとわからないが非常に成功する可能性が低い。運次第で成功可否が決まる。
  • 特典航空券を勝ち取るには、小まめに空席状況を確認したり、予約クラスを変えて空席を探したりすることがとても有効。確実に特典航空券を取りたいなら、特典航空券枠の解放と同時に予約をしておく。


参考になれば幸いです。



■関連記事
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村