マイルdeハワイ

ANAマイルの貯めてハワイに行く方法を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

MILE DE HAWAII

Love HAWAII, Love ANA mile......
スポンサードリンク
       

ワイキキから無料ANAトロリーバスでアラモアナセンターへ!ハワイ旅行が快適になるANAエクスプレスバスが2019年4月20日運行開始!

最終更新日:2019年4月11日

ワイキキ⇄アラモアナセンターを結ぶANAの無料トロリーバスが2019年4月20日運行開始
※画像イメージはANA公式サイトから引用

2019年5月のANAハワイ便A380投入に先んじて、2019年4月20日からワイキキ⇄アラモアナセンターを結ぶANAのトロリーバス【ANAエクスプレスバス】が運行開始します。
アラモアナセンターはショッピングするのに最適ですし、大型スーパーなどもありお土産を買うのにも重宝する場所。
そのアラモアナセンターへ無料バスで行けるようになるので、ANAのハワイ旅がさらに快適になりそうですね!

今回は無料トロリーバス【ANAエクスプレスバス】の詳細と乗車方法について調べてみましたので、ご参考にどうぞ。

ANAエクスプレスバスは他のトロリーバスと何が違う?

現在、ワイキキエリア発着のトロリーはたくさん走っていますが、ワイキキ⇄アラモアナセンター間を結ぶ代表的なものを挙げると以下3つ。

  • JTBのトロリー(OLIOLIウォーカー&トロリー)
  • HISのトロリー(LeaLeaトロリー)
  • ワイキキトロリーのピンクライン

日本人だとこのいずれかを使っている方が多いのではないでしょうか。


JTBとHISのトロリーは、言わずと知れた旅行会社が所有しているトロリーなので、各旅行会社のパッケージツアー参加者が乗車することが多いです。

JTBのOLIOLIウォーカーHISのLeaLeaトロリー
(左)JTBのOLIOLIウォーカー、(右)HISのLeaLeaトロリー
個人手配の旅行でもトロリーチケットが購入できますが、JTBだとハワイのホテル・航空券・ダイナミックパッケージいずれかの予約をしないとトロリーチケットが購入できません。
HISは、JTBと異なり特に条件なしでトロリーチケットが購入できます。
両社とも料金は7日間乗り放題で$50前後となっており、HISは1日券も用意があって$11ほどです。

この2つはワイキキ⇄アラモアナセンター以外の観光地へ行くトロリーも利用できるので、長期間に渡ってトロリーを使って観光したい場合はオススメですが、アラモアナセンターをピンポイントに利用したい時は割高になってしまいます。


それに対して、ワイキキトロリーのピンクラインはワイキキ⇄アラモアナセンターを結ぶトロリーとなっており、JCBカードを提示すれば無料で乗車可能です。
JCBカードを持っていなくても片道$2で利用でき、ワイキキの主要ホテルにも停車します。
ただ、日本人だけではなく外国の方もよく利用しているので、結構混雑していることが多いのが難点。



今回運行開始する【ANAエクスプレスバス】無料で乗車できますが、乗車可能な条件が限られているのが特徴。

【利用条件】
ANAマイレージクラブ会員であること

東京発ホノルル行の往復航空券をANA便で購入していること ※他社運航のコードシェア便を含む

【利用可能期間】
東京発ホノルル便の到着日から10日間

【同行者条件】
会員本人以外は18歳未満3名まで。※同行者のみの乗車は不可

つまり、ANA便でハワイ旅行に来ているANA会員限定の無料バスということです。

まだ運航開始していないのでどうなるか分かりませんが、乗車条件が限られているのでものすごく混雑するということは無いのかなと思っています。
ANAユーザーにとっては快適に利用できそうですよね。



他のトロリーバスと異なる点がもう一つ。
ワイキキ⇄アラモアナセンター間を直行運転する点です。

他のトロリーバスの多くは、主要ホテルなども停車地に含まれていますが、ANAエクスプレスバスはワイキキのTギャラリアハワイbyDFSとアラモアナセンターにしか停車しません。
これを良いとするかどうかは人それぞれだと思いますが、余計な停留所に回らずにさっさと目的地に着いてほしい方にとってはメリットだと思います。
逆に、ワイキキ中心部からちょっと遠いホテルに滞在する方は、利用するのがちょっと面倒かもしれません。ヒルトンホテルに宿泊している方はアラモアナセンターまで歩いて行ってしまったほうが早いかもしれませんね。


いずれにせよ、条件を満たせば無料で乗車可能なので、機会があるならば利用しない手はないと思います。



◾️JTBとHISのトロリーを個人手配したい場合について書いた記事はこちらから
www.mile-de-hawa11.com


ANAエクスプレスバスのデザインは2種で、電気バスを採用

ANA公式サイトによると、 ANAエクスプレスバスのデザインはブルーとオレンジの2種類

ANAエクスプレスバス(ブルー)ANAエクスプレスバス(オレンジ)
※画像イメージはANA公式サイトから引用

2019年5月より就航開始となるA380の機材デザインと同じウミガメ(ホヌ)が描かれているバスです。
ハワイ気分を盛り上げるカラフルなバスでテンションも上がりそうですね!
さらに、座席の窓ガラスが開放型になっているので、ハワイの風を感じなら乗車できるそうです!

座席数は31席で立ち乗りも可能とのこと。

ちなみに、このバスは電気バスになっていて、環境に負荷が少なく静かだそうです。
Wi-Fiの情報は公式に載っていなかったのですが、無料Wi-Fiがあることを期待しましょう。


ワイキキ⇄アラモアナセンターを最速12分で結び、15分間隔で運行

前述しましたが、ANAエクスプレスバスは「ワイキキのTギャラリアハワイbyDFS」と「アラモアナセンター」の2箇所をノンストップで直行運転します。

ANAエクスプレスバスの停留所
※画像イメージはANA公式サイトから引用

2地点間の所用時間はなんと最速で12分!
さらに、15分間隔で運航しているので、待ち時間も少なくストレスなく乗車することができそうです。
始発は「ワイキキのTギャラリアハワイbyDFS」発9時で、最終便は「アラモアナセンター」発21時45分になっています。

旅行会社のトロリーだと、アラモアナセンター発の停留所で長蛇の列が出来ていて、トロリーバスを3〜4本見送るなんてこともよくあるので、ANAエクスプレスバスはスムーズな乗車が出来るといいですね。


私はアラモアナセンターにあるフードランドというスーパーが大好きなのですが、そこで結構大量にお土産を買ってしまうんですよね〜。
大荷物を抱えて、行列に並ぶのは結構しんどいのでANAのトロリーバスに期待大です!


◾️アラモアナセンターにあるスーパー「フードランド」についての記事はこちらから
www.mile-de-hawa11.com

ANAエクスプレスバスの乗車チケットはアプリでOK!電子化でチケットレスに

乗車には、「ANA公式アプリ(もしくはウェブ)のデジタル乗車チケットを提示する」必要があります。

ハワイのANAエクスプレスの乗車チケット
※画像イメージはANA公式サイトから引用

ANAマイレージクラブアプリ>デジタルカード画面>クーポン内、もしくはANA公式サイトから乗車チケットを確認出来ます。

このチケットは、東京発ホノルル行の航空券が発券済み&ANAマイレージクラブ番号が予約記録に登録となれば、翌日からいつでも表示可能です。

デジタル管理なので、利用条件も自動で判別してくれるので手間がなくて良いですね。
また、他のトロリーでよくある紙やカードによる乗車券だと、どこかに紛れてしまう心配がありますのが、これなら携帯一つで済むのでとても便利です。

まとめ

  • ANAマイレージ会員限定の無料トロリーバス「ANAエクスプレスバス」が2019年4月20日運行開始。ANA便利用のANAマイレージクラブ会員限定で乗車可能。
  • ANAエクスプレスバスは「ワイキキのTギャラリアハワイbyDFS」と「アラモアナセンター」を直通運転で、最速12分で到着。15分間隔運転なので待ち時間も少ない。
  • ANAエクスプレスバスの利用にはデジタル乗車チケットが必要。ANAマイレージクラブアプリなら利用が簡単。


参考になれば幸いです。



■関連記事
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村