マイルdeハワイ

ANAマイルの貯めてハワイに行く方法を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

MILE DE HAWAII

Love HAWAII, Love ANA mile......
スポンサードリンク
       

【ポイントサイトからANAマイルへ交換ルート図解】※最新※ ハピタスやモッピーから交換レート75%で移行する方法

最終更新日:2019年12月12日

f:id:mile-de-hawa111:20190404233731j:plain

ポイントサイトなどで貯めたポイントをANAマイルに交換する場合、2019年12月27日からは最大で75%の交換レートでANAマイルに移行することが可能です。

今までは最大81%で交換可能なLINE×ソラチカルートがありましたが、その交換ルートが閉鎖となりました。
そこで、新たにTOKYUルートを活用する必要があります。

TOKYUルートはポイント交換率が75%に下がりますが、交換手順がかなり簡素化されて分かりやすいルートです。


今回は、TOKYUルートを経由して最大効率でANAマイルに移行する方法をご紹介します。

ポイント交換方法の現状

ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する方法を詳しく説明する前に、交換手順の外観を説明しておきます。


貯めたポイントはそのポイントサイトから直接ANAマイルに交換できれば一番良いのですが、それはやらない方がベターです。
なぜなら、直接ANAマイルに交換してしまうと、多くの場合は50%と低い交換レートになってしまうからです。
せっかく貯めたポイントが半分のマイルになってしまうなんて悲しすぎますよね。
そもそも、使っているポイントサイトからの交換先にANAマイルが無いという場合も多いです。


その問題を解決するために、貯めたポイントはいくつかの違うポイントを経由してANAマイルに移行していく必要があります。



2019年12月までは、
【貯めたポイントを1度LINEポイントに集約してからメトロポイントに乗せてANAマイルに移行する方法】が最善でした。
この方法だと、 交換効率81%という高レートでANAマイルに移行することが可能だったからです。
2019年12月までのポイントサイトからANAマイルへの交換方法

このメトロポイントを経由してANAマイルへ交換する方法が、俗に言われる【ソラチカルート】です。
メトロポイントとは東京メトロが運営しているポイントプログラムで、ソラチカカードというクレジットカードを保有することでこの【ソラチカルート】を利用することが可能です。
メトロポイント からは90%の超高レートでANAマイルに移行可能だったので、ANAマイルを貯めるならこのソラチカルートが必須でした。

そのメトロポイントへ交換できるのがLINEポイントのみだったので、LINEルート×ソラチカルートが2019年12月まで主流だったわけです。



しかし、2019年12月からは状況が変わりました。
何が変わったかというと、LINEポイントからメトロポイントへ交換が閉鎖されたことです。
これにより、ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに交換できなくなり、ソラチカルートは利用できなくなりました。



そこで新たに登場したのが【TOKYUルート】です。
2019年12月からのポイントサイトからANAマイルへの交換方法
【貯めたポイントをTOKYUポイントに集約してANAマイルに移行する方法】です。
この方法だと従来の交換レートより効率が悪くなりますが、2019年12月現時点ではこの交換レート75%が最善の交換手順となります。


交換レートは下がりましたが、この交換ルートにはメリットも。
ひとつは、ANAマイルまでの交換ルートが簡素化したことです。
ふたつめは、月の移行上限が18,000ANAマイル→75,000ANAマイルにアップしたことです。

正直、従来のLINEルート×ソラチカルートは交換手順が複雑だったのですが、TOKYUルートはかなり簡単な手順で移行が完了します。
また、TOKYUルートだと一気にポイントを交換してANAマイル残高を増やせるのも嬉しいところ。


それでは各種ポイントサイトからANAマイルへ交換方法を解説していきます。



最大交換レート75%でANAマイルに移行する手順

今回は陸マイラー利用率が恐らく一番高い&私が最もオススメするハピタスというポイントサイトから交換する場合を例にとって解説します。
(ハピタスのサイトはこちら→その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス


まず、ハピタスからANAマイルまでの交換ルートを見てみましょう。

ポイントサイトのハピタスからANAマイルまでの交換ルート

ハピタスからTOKYUポイントまでで経由するのは、【ドットマネー】のみ。
ハピタスからTOKYUポイントまでは等価移行が可能となります。


ドットマネーは無料のポイントサイトなので、無料会員登録してしまえばすぐに利用可能です。
こちらは登録必須です。

では、それぞれの交換方法の注意点を見ていきましょう。

交換① ハピタス → ドットマネー

【交換レート】
 ハピタス10,000ポイント(10,000円相当) → ドットマネー10,000ポイント(10,000円相当)
 ※ドットマネーは1ポイント=1円相当

【交換日数 】
 3営業日以内
この交換は、ハピタスの交換先からドットマネーを選んで交換するだけなので、特に難しくありません。


交換② ドットマネー→ TOKYUポイント

【交換レート】
  ドットマネー10,000ポイント(10,000円相当)→TOKYUポイント10,000ポイント(10,000円相当)
 ※TOKYUポイントは1ポイント=1円相当

【交換日数 】
 毎月1日〜15日の申請分は申請月の下旬、16日〜末日申請分は翌月の中旬
こちらも、ドットマネーの交換先からTOKYUポイントを選んで交換するだけなので、特に難しくありません。
月間交換上限は100,000ポイントとなっています。



なお、ドットマネーからTOKYUポイントへ移行するには、対象のTOKYUカードを保有する必要があります。
TOKYUポイントはANAマイルに移行するためなので、必ず「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を保有しましょう。

TOKYUポイントからANAマイル移行に必要な「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」

この「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」保有者のみが、貯めたTOKYUポイントを75%のレートでANAマイルに交換することが出来ます。


交換③ TOKYUポイント→ ANAマイル

【交換レート】
 TOKYUポイント10,000ポイント(10,000円相当)→ANAマイル7,500マイル
【交換日数 】
 約1週間
こちらの交換は年間移行上限がありません。


いかがでしょうか?
交換手順も3回しかありませんし、かなり簡単でよね?

これでANAマイルが貯めれば、憧れのビジネスクラスでハワイに行けるんです!
最初は慣れないかもしれませんがきちんと交換ルートを頭に入れてもガンガンANAマイルを貯めましょう。



ちなみに、モッピーというポイントサイトからもドットマネーへの交換が可能となっているので、こちらのポイントサイトもオススメです。

私個人的にはやはりハピタスが一番安心感があり自信をもってオススメできるのですが、モッピーも何度か利用したことがあるので、こちらも登録しておいて損はないと思いますよ。
初心者でも安心!ポイ活応援サービス モッピーで“ポイ活”はじめよう | 「ポイ活」するならモッピー。お小遣い稼ぎや節約におすすめのサービスです。


まとめ

  • ポイントサイトで貯めたポイントは、TOKYUルートを使ってANAマイルに交換する方法が現状の最良策。簡単な交換手順で75%の交換レートでANAマイルに移行できる。
  • ハピタス(その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス)などのポイントサイトで貯めたポイントは、75%の交換レートでANAマイルヘ交換可能。ハピタス→ドットマネー→TOKYUポイント→ANAマイルの順で交換する。
  • ポイントサイトのモッピーからもドットマネーへ交換可能なので、こちらも登録がオススメ。


参考になれば幸いです。



■関連記事
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村