マイルとハワイとウミガメと

陸マイラーのANAマイルの貯め方を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

MILE DE HAWAII

Love HAWAII, Love ANA mile......
スポンサードリンク
       

子連れハワイ旅行でビジネスクラスを予約したい!ANA飛行機赤ちゃん連れの料金・座席・予約方法は?

最終更新日:2018年8月25日

子連れハワイのANA飛行機予約

小さい子供がいても海外旅行に行きたいですよね!
でも赤ちゃん連れの飛行機は何かと心配がつきもの。。。

そもそも、赤ちゃん連れで飛行機に乗りたい場合、料金や座席、予約方法はどうなっているのか?

今回私はANAのビジネスクラスでハワイ旅行を予定しています。
大人の分はマイルを使って特典航空券を発券しているので、赤ちゃんの分の予約が必要となります。
8ヶ月の赤ちゃん連れになるので、赤ちゃんの飛行機の予約はどのようにしたのか参考までに記事にしておきます。

ANA国際線の赤ちゃんの料金形態は?

ANAの国際線の場合、2歳未満の小さい子供が搭乗する場合の料金は以下のようになっています。

年齢 同伴者 座席 運賃
生後8日未満 - 搭乗できない -
生後8日〜2歳未満 必要 同伴者と同じ席 〈幼児運賃〉
大人運賃の10%
生後8日〜2歳未満 必要 子供の席を確保 〈小児運賃〉
大人運賃の75%

つまり、

  • 子供を大人のひざに乗せて席を確保しない場合は、大人運賃の10%
  • 子供の席も確保する場合は、大人運賃の75%

の2択となります。
子供の席を使うかどうかで運賃が大きく変わってきますね!

マイルを使って特典航空券で大人の分のチケットを取っている場合、マイルを使わずに子供分は幼児・小児運賃で支払うケースが出てきます。

ANAの場合、座席を確保する幼児(小児運賃を適用している生後8日以上、2歳未満)はファーストクラスと一部機種のビジネスクラスは利用できません。
ただ、遠方への渡航やビジネスクラスとなると大人運賃もそれなりの料金がかかる為、子供分が意外と大きな出費になってしまった、、、とならない為にも子供運賃も事前に確認する必要があります。

ただし、子供の座席を確保する場合、大人と同数のマイルを使えば2歳未満の子供であっても座席を占有することが可能となります。

ANAハワイ線でビジネスクラスを利用する場合、赤ちゃんはどうなる?

ANAのハワイ線は、2018年現在成田・羽田を就航している機材は全便がB787-9という機材になります。

ANAの公式HPによると、

座席を確保する幼児の方(小児運賃を適用している生後8日以上、2歳未満)はファーストクラス(全機種)、またはボーイング787機材のビジネスクラス(一部機種)をご利用いただけません。

となっていますので、ANAハワイ便でビジネスクラスを利用する時は幼児運賃を支払って大人と同じ一緒の席に乗せることになります。

ANAハワイ便のビジネスクラスだとスタッガードシートというお互いの席を行き来できない仕様になっている為、幼児の座席確保ができないのでしょう。
ANAビジネスクラスのスタッガードシート

場合によってはエコノミーで子供の席も確保した方が使い勝手が良いという場合もあると思いますので、子供にあった選択を考える必要がありますね。

2019年春からANAハワイ線はA380が就航するので、ビジネスクラスで幼児の座席確保も出来るようになるかもしれませんね。

赤ちゃん連れの予約方法は?

ANAでは、2歳未満の乳幼児の予約は予約センターに電話する必要があります。

私の場合、先に大人の分のビジネスクラス特典航空券を発券していたので、大人の席に赤ちゃんの予約を紐づけてもらう処理をしてもらいました。

ここで注意したいのは、子供の予約をするタイミングです!
ANAのサポートデスクに聞いたところ、搭乗の1ヶ月を切ると幼児運賃がどんどん高くなってしまうとのこと。。
子供の分の予約をするなら、余裕を持って予約をしておきましょう!


ちなみに私の場合、9月のハワイ便ビジネスクラスで幼児運賃10%の料金は29,000円ほどでした。
ビジネスクラス往復でひとりであたり約30万円なので、幼児運賃もそれなりにかかりますね。
サポートデスクのアナウンスでは、飛行機に乗る前ならキャンセル可能と言っていたので、直前で万が一赤ちゃんの体調が崩れたときでも安心です。

私はマイルとアップグレードポイントがたまっていたので、スカイコインにして支払ったので持ち出しはありませんでした!
こういう時に、いつ使うかわからないアップグレードポイントを使ってみると案外便利です!


ビジネスクラスの座席は?バシネットは利用できるの?

ANAハワイ便に使われているB787-9という機材では、ビジネスクラスでもバシネットが使用出来る席があります。

ANAハワイ便ビジネスクラスのバシネット設置席

上図の通り2E・2G・10E・10Gです。
この4席は足元が広めに作られているため、バシネットが設置できるとのことでした!
ちなみにベビーミールも用意してもらえるとのことです!
まだ搭乗してないので、搭乗後に体験記を記事にあげたいと思います。

2列目と10列目ですが、私個人の見解では空きがあるなら10列の方がオススメです。
理由としては、

・8列と9列と間にあるトイレにオムツ交換台があるので、席が近くて便利
・ビジネスクラスの後ろから2番目の席なので、10列横と11列以外は目に付く席ではないので、赤ちゃんが泣いたりして迷惑がかかっても精神的に多少気持ちが楽になる


もちろん赤ちゃんを飛行機に乗せるという時点で、周りの人に迷惑がかかることは目に見えているので、万全の準備をしないといけないのですが。。。

ちなみに、8Eと8Gは席の間のパーテーションが下ろせる席なので、両親2人の赤ちゃん連れで、2列と10列が埋まっていた場合はこちらの席がおすすめです。
2E・2Gと10E・10Gはパーテーションが下ろせません。

まとめ

  • 2歳未満の子供を連れて搭乗する場合、大人のひざに乗せるか、子供の席を確保するか選べる。ANAハワイ便のB787-9機材では、ビジネスクラスの場合は大人と一緒の席になる幼児運賃の適用となる。
  • 2歳未満の子供の予約はANAのデスクに電話で予約する必要がある。搭乗1ヶ月前を切ってしまうと料金が高くなるので注意が必要。
  • ANAハワイ便のB787-9機材では、2E・2Gと10E・10Gのみビジネスクラスでもバシネットが設置できる。

参考になれば幸いです。




■関連記事
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村