マイルとハワイとウミガメと

陸マイラーのANAマイルの貯め方を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

約5%の人しか知らない、ANA国内線プレミアムクラスの世界。食事・ラウンジ・料金など、搭乗体験まとめ

ANAの国内線には、2種類の席種が存在します。
おなじみの「普通席(エコノミークラス)」と、もうひとつが「プレミアムクラス」です。

名前から連想される通り、プレミアムクラスの方がサービスも充実しています。

しかもプレミアムクラスの席数は、座席全体の約5%程度の割合しかありません。
もちろん飛行機の機材によっても変わりますが、少ないと3%程度の割合しかない場合も。


そんな、5%の限られた人しか乗れないプレミアムな席を、庶民の私が体験してきましたので、食事やラウンジ・料金などの体験記をまとめてみました!!


自分には縁のないハナシだと思った方、そんなこと無いかも?
チケットの取り方次第では、手が届くくらいの値段感になります。
国際線のビジネスやファーストクラスのような馬鹿高い値段設定ではないのでご安心を。


では早速、プレミアムクラスのサービス内容と料金を見ていきましょう。


《搭乗前》地上サービス

ANAラウンジ

空港にあるラウンジは2種類あるって知ってましたか?

特定のクレジットカードを保有することで利用できるのが【空港ラウンジ】

恐らく一般的に広く知られているのはこっちかもしれませんね。

それに対して、

航空会社毎に提供されているのが【航空会社ラウンジ】です。

ほとんどの場合、空港ラウンジより航空会社ラウンジの方が設備が充実しています。

もちろん、ANAにも航空会社ラウンジの「ANAラウンジ」が存在します。
ANAラウンジは、ANAの上級会員や、グレードの高いクラスに搭乗する場合に利用できます。


羽田空港の場合の、空港ラウンジと比較したANAラウンジの特徴は、

  • ANAラウンジは、内装がスタイリッシュで高級感がある
  • ANAラウンジでは、お酒やおつまみが無料で提供されている
  • ANAラウンジは、保安検査場の先の搭乗口付近にあるので、出発ギリギリまで過ごすことができる
  • ANAラウンジの方が、比較的混雑していない


実際のラウンジ内は、こんな感じです。

国内線ANAラウンジ

広々としていて、高級感と清潔感がありますよね。

国内線ANAラウンジ

ビールも自動サーバーになっていてポチッとすれば仕上がります!ちょっと感動。笑
ちょっとしたおつまみもありますよ。

国内線ANAラウンジのビールとおつまみ

ビール以外にもウイスキーや芋焼酎なんかも置いてありました。
ちなみに、那覇空港のANAラウンジには泡盛がありますよ~

那覇空港のANAラウンジの泡盛


これだけ揃っていれば、出発前からほろ酔い気分で、良い気持ちで旅を迎えられますね。笑
ただし、飲み過ぎは注意です。搭乗直後にトイレに行きたくなるとかなりツライです。



国内線ANAラウンジをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事からどうぞ
www.mile-de-hawa11.com

国際線ANAラウンジの様子はこちらからどうぞ
www.mile-de-hawa11.com


プレミアムチェックイン

何かと混雑する空港のチェックインカウンター。

ここ最近はチケットの予約・購入・座席指定が済んでいれば、チェックインが不要なskipサービスが受けられることが多いので、チェックインカウンターに行くこと自体が少なくなっているかもしれませんね。

プレミアムクラスを利用すると、このチェックインカウンターもプレミアムクラス専用があります。一般カウンターよりも空いているので、並ぶ必要もほとんどありません。
ANAの上級会員と、プレミアムクラスに搭乗する人しか利用しないわけですから、混んだとしてもたかが知れています。

skipサービスを利用していても、手荷物を預かってもらうときなどはこちらを利用した方が早いしスムーズです。
混雑する時期は、特にこの恩恵が感じられるでしょう。

ちなみに手荷物は、普通席だと20kgまでが無料となりますが、プレミアムクラスなら40kgまで無料になります。
こういうところでもこっそり優遇されているわけです。荷物が多い方や、お土産を沢山買って帰る方には嬉しいですね。

プレミアム専用検査場

保安検査場もプレミアムクラス専用が用意されています。
機内に持ち込む手荷物をチェックしてもらったり、自分が検査ゲートを通過して検査される場所です。

一般クラスだと混雑していることが多いので、プレミアム専用があるのは嬉しいですね。ストレスなく、すぐに検査を受けることができます。

ただし全部の空港にあるわけではありません。プレミアム専用保安検査場があるのは下記の空港のみです。

新千歳空港、羽田空港 第2旅客ターミナルビル、伊丹空港、福岡空港第2、第3ターミナル



優先搭乗

ANAでは、飛行機の搭乗順に優先付けがされています。

最優先で搭乗できるのが、ご高齢の方、小さなお子様連れの方、妊娠中の方、お手伝いの必要な方。
その次にANA上級会員、プレミアムクラスとなります。

一般クラスより早く搭乗出来るますし、機体前方に座席があるので、席まで遠いということもありません。
機内でぞろぞろと着席待ちの列を体験しなくても良いので、ストレスが少なくて済みますね。

ちなみに、飛行機が到着した後の降機はプレミアムクラスが優先的に可能となっていますので、いち早く目的地に向かうことが出来ますよ〜

《搭乗中》機内サービス

座席シート

搭乗中いちばん快適さを求めるのは、やはりシートですよね。
もちろんプレミアムクラスは、一般クラスとは違います。

先日乗ったプレミアムクラスのシートです。

ANA国内線プレミアムクラスの座席シート

機体によって仕様はもちろん変わりますが、基本的には座席の横幅が広いことに加えて、前の座席との距離も広くとられているので、一般的な女性の背丈の私なら思い切り足を伸ばすことができます。
シートもふかふかですし、気持ちがいいです。


気になる座席の角度調整ですがこの機体では3箇所調整が可能です。

ANAプレミアムクラスのリクライニング

写真の左から【フットレスト・レッグレスト・リクライニング】となっていますね。
これを駆使すれば、自分のベストポジションなんて容易に探せてしまします。

思いっきり倒すと、ほぼ横になっている感覚です。
とはいってもプレミアムクラスは前後の座席間隔が広いので罪悪感もそんなにありません。
これは快適ですね。空の旅でこんなに落ち着けるのは本当に気分が良いです。


機体によっては、【パーソナルライト・パソコン電源・USBポート】の装備も座席に備わっていますよ。
機内で仕事をする方はもちろん、スマホの充電も可能なのでかなりありがたいですね。

担当CAサービス

プレミアムクラスに搭乗して初めて知ったことは、担当のCAさんが付いていただけることです。
まず、飛行機の座席についてすぐに席に挨拶に来てくれます。
もちろんお食事のサーブなどもすべて担当していただけるので、飛行機の旅をより快適にしていただけます。

私的には、これが一番プレミアムを感じるサービスですね。
やっぱり人が丁寧に対応していただけるのって、なんか嬉しいものです。


機内食・ドリンク

一般クラスと大きく違うポイントのひとつとして、食事の有無が挙げられます。
プレミアムクラスに搭乗すると、ちょっと豪華なお食事を頂くことができます。

食事は搭乗時間によって、【朝食・昼食・軽食・夕食】とメニューが分かれています。

朝食・昼食・夕食は「Premium GOZEN」と呼ばれ、ANAオリジナルメニューが味わえます。
出発地の空港によっては、夕食が各地域の有名店が監修したコラボメニューとなり、ちょっとした豪華ディナーを味わうことができます!

軽食は「Premium SABO」と呼ばれ、サンドウィッチなどの軽食メニューや焼き菓子などが提供されます。
13:01〜16:59に出発する便で、軽食が提供されるようです。


この日は、私は夕食の時間帯に搭乗しました。
でてきたお食事はこんな感じです!

ANA国内線プレミアムクラスの機内食(夕食)

豪華なお弁当って感じですね。

ANAプレミアムクラス食事のお品書き

お品書きも付いています。これだけでゴージャス感が増しますね。もちろんお味も納得の美味しさでした。


ちなみに別日に乗った朝食のメニューはこんな感じです。

ANA国内線プレミアムクラスの機内食(朝食)


食事のお供の飲み物メニューも充実しています。
スパークリングワイン・赤・白・日本酒・焼酎・ビール・ハイボールといった一通りの酒類は揃っていますし、暖かいお茶やソフトドリンク、炭酸水なんかもあります。
ソフトドリンクをとってもアサイージュースなんかあったりして、なんかおしゃれなお店のメニューみたいです。

今回はスパークリングワインをいただきました!ハーフボトルで提供されます。

ANAプレミアムクラスのスパークリングワイン


また、ドリンクメニューの中にはスープもあります。
スープとお酒、食事のお供にはどっちも甲乙つけ難いなと思いますよね、、
でも大丈夫!どっちも同時に頼むことができます!
なんか胃が水分でタプタプになりそうですが、せっかくなら!ね!

ちなみに、飲み物を頼むとちょっとしたおつまみやお菓子も一緒に提供されますよー。

ANAプレミアムクラスのおつまみ


食後にはアイスまで!
沖縄からの帰りだったためか黒糖アイスです。これまた美味。

ANAプレミアムクラスのアイス


飛行機のなかだけで、ちょっとほろ酔い気分になれてお腹も満たされて大満足です!
いつもエコノミーばかり乗っていたので、初めてプレミアムに乗ると本当に感動します。


プレミアムクラスの機内食についてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ
www.mile-de-hawa11.com



《搭乗後》地上サービス

手荷物の優先受取

飛行機が目的地に到着したあとも、優先的に荷物の受け取りが可能です。
到着してからずーっと、荷物レーンのグルグルを眺め続けているなんてこともありません。

サクッと次の目的地に向かうことができるので、快適ですね。


プレミアムクラスの運賃は?

事前予約

料金はもちろん普通席よりも割高となります。
例えば1月末現在で、3/29の羽田-沖縄間で予約をとってみましょう。


まずは普通席。

ANA普通席の運賃

  • 【通常料金】48,390円
  • 【2ヶ月前時点での最安値】旅割55:18,290円


次にプレミアムクラス。

ANAプレミアムクラスの運賃

  • 【通常料金】57,390円
  • 【2ヶ月前時点での最安値】プレミアム旅割28:26,490円


通常料金での価格差は9,000円です。
しかし、割引を利用することで最安値での差額は8,200円になりました。

「あれ?意外と安いな。」と思った方が多いのではないでしょうか。
8,200円多く払えばあのVIP待遇が受けられるのであれば、決して高くはないという考え方もできますよね。


ポイントはこの「プレミアム旅割28」という料金設定です。
プレミアムクラスを事前に予約するなら、これが1番お得に予約できます。
ただしこの料金設定、予約はかなり激戦なので土日はすぐに満席になります。
2ヶ月前から予約可能となりますので、ご計画はお早めに。

当日アップグレード

プレミアムクラスは事前予約だけではなく、当日カウンターにて普通席からアップグレードして搭乗することも可能です。
アップグレード出来るかどうかは、空席次第なので当日の運です。

アップグレード料金は一律9,000円となっています。

先ほど普通席の予約で旅割55をご紹介しましたが、75日前までの予約で適用される旅割75なんていう料金設定もあります。
例えばこういった割引の格安普通席を予約しておいて、当日アップグレードしてプレミアムクラスにすれば、コストパフォーマンスはかなり良くなります。

当日アップグレードは運次第なので確実な方法ではありませんが、お得にプレミアムクラスに乗りたい方は試してみる価値はあるかも知れませんね。


まとめ

  • ANAプレミアムクラスの地上サービスは、ANAラウンジ、プレミアムチェックイン、プレミアム専用保安検査場、優先搭乗、優先荷物受取りなど、快適なサービスがいっぱい
  • ANAプレミアムクラスの機内サービスは、シートや食事、CAさんの対応まで全てが豪華!一回乗る価値あり
  • ANAプレミアムクラスをお得に予約するなら、「プレミアム旅割28」がオススメ!当日アップグレードは運次第だか、かなりお得にプレミアムクラスが取れる可能性あり!

参考になれば幸いです。


■関連記事
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村