マイルとハワイとウミガメと

陸マイラーのANAマイルの貯め方を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

《2017年度版》本当に稼いでいる陸マイラー御用達。ANAマイルが貯まる、おすすめカードまとめ

f:id:mile-de-hawa111:20161211092158j:plain


陸マイラーになると、ANAマイルの獲得元は大きく分けて2つ

  • ポイントサイトで案件をこなしてANAマイルを貯める
  • 普段の決済をANAマイルが貯まるクレジットカードで支払って貯める

前者が獲得源の大半を占めますが、クレジットカード決済も非常に重要なANAマイル獲得源です。
毎日のように何かしら衣食住に関わる支払いをするなら、その決済でも効率的にANAマイルを貯めたいと思いますよね?

今回は、陸マイラー御用達の、絶対失敗しないカード選びについて説明していきます。

絶対持っておきたい必須カードと、
ご自身の生活スタイルや年収に合わせて2つのおすすめカードをご用意しましたので、どれが自分に合いそうか選んでみてください。



ANAマイルの貯め方の基礎についてはこちらの記事からどうぞ
www.mile-de-hawa11.com



※最重要※ 陸マイラー必携 ソラチカカード

陸マイラー御用達、ソラチカカード

もし「ANAマイルを貯める為に1枚だけカードを作っていい」といわれたら、間違いなくほとんどの陸マイラーが「ソラチカカード」を選択するでしょう。

ANAマイルを貯めるなら是が非でもこのカードは持つ必要があります!
おすすめカードというより絶対持つ必要がある必携カードです!

なぜこんなに声を大にして言うのかというと、陸マイラーのANAマイルの貯め方の特徴によるところが大きいです。
冒頭でも申し上げましたが、陸マイラーとしてANAマイルを貯めるのであれば、その大半をポイントサイトの利用から貯めます。
つまりポイントサイトで貯めたポイントは、ANAマイルに交換しないといけないわけです。

そのANAマイルへの交換で絶大な力を発揮するのが「ソラチカカード」です。
このカードを保有すること以上に、貯めたポイントを効率良くANAマイルに交換する方法は2017年現在ありません。

このカードを持っていれば、貯めたポイントを90%のレートでANAマイルへ移行できます。
他の方法をとると移行レートは50%〜60%になるので、頭ひとつ飛び抜けています。

10,000ポイントをポイントサイトで貯めた場合
《ソラチカカードの保有者》
 10,000ポイント → 9,000ANAマイル
《他のルートから移行》
 10,000ポイント → 5,000ANAマイル〜6,000ANAマイル

こんなに差が出ます。この差、かなり大きいですよね?


つまり、ポイントサイトでANAマイルを貯めるなら絶対持っておかないといけないカードということです。


ソラチカカードのスペックの簡単に確認しましょう。

ソラチカカード

《発行ブランド》
 JCB
《特徴》
 ANAマイレージと東京メトロのサービスが受けられるクレジットカード。
 ANAマイルを貯めることが出来たり、東京メトロで乗車したり定期を購入することでもANAマイルが貯まる。

《年会費》
 2,000円(税抜) ※ただし初年度はキャンペーン適用で無料

《ポイント還元率》
 コース選択により異なる
 ■5マイルコースなら、0.5%
 ■10マイルコースなら、1%

《マイル移行手数料》
 コース選択により異なる
 ■5マイルコースなら、移行手数料無料
 ■10マイルコースなら、5,000円(税抜)

年会費2,000円はかかってしまいますが、それ以上にANAマイル獲得に貢献する働きをしてくれるカードなので絶対発行しましょう。

ちなみに、このカードは決済向きではありません。
したがって、クレジットカードとして日々持ち歩く必要はありませんので、ANAマイル移行用に保有だけしていればOKです。
決済用カードについては、これからおすすめするカードを選択してください。


ソラチカカードの関連記事はこちらからどうぞ
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com


決済用クレジットカードはライフスタイルに合わせて2つから選ぶ

決済用クレジットカードを決める際に大切なのは、自分のライフスタイルに合うカードか?ということです。

カードステータスは身の丈に合っているか?
どのようなシーンでカード決済を利用するのか?
カードの付帯サービスをどこまで求めるか?

私がオススメするのは、まったく性質が異なる2つのカードです。
2017年現在で、私の中ではこのカードが陸マイラー的に2強だと思います。

  • 1つは、ANA VISAワイドゴールドカード
  • もう1つは、LINE社が提供しているLINE Payカード

この2つで自分に合う方を選んでください。
早速、両カードの特徴を説明していきます。

【収入が安定している方向け】 ANA VISAワイドゴールドカード

ANA VISAワイドゴールドカード

決済用のANAカードを選ぶなら、色々な条件を総合的に判断してこのカードが最もANAマイルが貯まるカードと言えるでしょう。

ゴールドカードなのである程度厳しい審査が発生しますので、収入が安定した方にオススメです。
一般的には、年収400万円~500万以上は必要といわれいていますが、個人の状況により審査は異なります。

ANAマイルが貯まるほかに、

  • 入会・継続ボーナス2,000マイル
  • 入会時のキャンペーンで大量のマイルが貯まる(2017年1月現在は、最大33,000マイル)
  • ANA搭乗ボーナスマイル25%
  • マイル移行手数料無料
  • 旅行傷害保険5,000万円、楽天Edy、iDなどの付帯サービス

が備わっているのも、ゴールドカードならではの特徴です。

ANAマイルの貯め方

ワイドゴールドカードの、基本のANAマイル還元率は1%となります。
これでは、一般的なカードと大差ありませんが、ある裏技を使うことでANAマイル還元率を引き上げることができます。

ボーナスポイントを発生させる

ボーナスポイントとは?

ANA VISAワイドゴールドカードは、決済額に応じて1,000円につき1ポイントのワールドプレゼントポイントが貯まります
このワールドプレゼントポイントを1ポイント=10マイルに移行することで、ANAマイルが貯まる仕組みになっています。

通常のカード決済で貯まるワールドプレゼントポイントを、《通常ポイント》としましょう。

それに対し、カードの支払いを「マイ・ペイすリボ」にすることで貯まるポイントが、《ボーナスポイント》です。
こちらも1,000円につき1ポイント貯まりますが、ボーナスポイントは1ポイント=3マイルにしかなりません。

表にするとこんな感じです。

通常ポイント ボーナスポイント
獲得条件 通常決済 マイ・ペイすリボ払いの利用
マイル換算率 1ポイント=10マイル 1ポイント=3マイル

つまり、「マイ・ペイすリボ」を利用することで、マイル還元率がプラス0.3%となるので、合計1.3%になります。


「ただリボ払いはちょっと、、、」と、思う方が多いと思います。
安心して下さい。リボの金利を数十円程度と最小限に抑えながらボーナスポイントを獲得する方法があります。

リボ払いを最小限で発生させるコツは、

  1. 毎月の支払い設定額を低めにしておく
  2. 請求額が確定したら、最低限の金利が発生するように支払い額を増額させる

例をとって見てみましょう。

毎月10万円くらい決済する場合

①毎月の支払い設定額
 →毎月最低でもこれくらいは決済するであろうと思われる「5万円」に設定

②請求が確定したら、残金が100円以上になるように臨時増額申請する
 →請求額が10万円であれば、支払い金額を9万9千円にする
 ※支払いは1,000円単位になるので、この場合は1,000円残金を残す形になります。1,000円分のリボ払いの金利はわずか12円程度です。
 ※ただし、初回請求だけはリボ計算方法が異なるので、500円以上残金を残す必要があります。

毎月の作業は発生しますが、ANAマイルを1.3%に引き上がるので実践する価値ありです。
毎月といっても数分の作業で済むので、ちゃちゃっと済ませましょう!

ボーナスポイントの還元率を0.3%→0.45%にする方法

※2017年4月のワールドポイントプレゼント交換先の改定を受けて、一部内容を修正しました※

ワールドプレゼントのボーナスポイントを直接ANAマイルにすると0.3%のANAマイル還元率でした。
ただし、交換ルートとちょっとだけ遠回りさせると、0.45%までANAマイル還元率を引き上げることができます。

その方法とは、ポイント経由地の「PeXポイント」の利用です。

交換ルートは

ワールドポイントプレゼントのボーナスポイント → PeXポイント → メトロポイント → ANAマイル

となります。

メトロポイントは、冒頭で説明したソラチカカードを発行することで利用可能です。PeXポイントは無料で登録できるポイントサイトですので、登録して利用しましょう。

このルートを利用することで、ボーナスポイント10,000ポイントを45,000ポイントにすることが可能です。
つまり、ANAマイル還元率は1.45%になります。


年間決済額に応じたステージボーナスをもらう

三井住友カードは、前年の年間決済額によって、「V1」、「V2」、「V3」という各ステージが設定されています。
そのステージと今年度の支払い金額に応じて、ボーナスポイントがプレゼントされます。

《ANA VISAワイドゴールドカードのステージ毎の優待内容》

前年度(2月~翌年1月)の
累計決済金額
ステージ 今年度の累計決済金額に応じた
ボーナスポイント
300万円以上 V3 50万円で300ポイント
以降10万円ごとに60ポイント
100万円以上300万円未満 V2 50万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント
50万円以上100万円未満 V1 50万円で100ポイント
以降10万円ごとに20ポイント

仮にV3を達成した場合、先ほどの還元率1.45%から更にアップして、最大1.7173%となります。
V2の場合は1.5832%、V1の場合は1.5391%です。

ただし、ご利用は無理せず計画的に。これが1番大切です。
ステージをあげるために無駄使いしては本末転倒です。

(おまけ)ANAカードのポイントアップ加盟店を利用する

これはANA VISAワイドゴールドカードだけでなく、全てのANAカードに共通するサービスです。
「ANAカードマイルプラス」といって、対象提携店で決済をすると、カード会社のポイントとは別にANAマイルが貯まります。

例えば、下記のような店舗です。

【100円(税込)=1マイル】
ANA航空券・機内販売、マツモトキヨシ、コナカ、eyecity、スターバックス、ENEOS、MK TAKIなど
【200円(税込)=1マイル】
出光、セブンイレブン、高島屋、阪急、大丸、松坂屋、イトーヨーカドー、ニッポンレンタカーなど

買い物する店舗を上記にすれば、さらにANAマイル還元率が高まります。

スペックのおさらい

ANA VISAワイドゴールドカード

《発行ブランド》
 VISA
《特徴》
 ANA-VISAのゴールドカード。高ステータスカードなので、特典やボーナス付与、付帯サービスが充実している。

《年会費》
 14,000円(税抜) ※ただし条件クリアで9,500円(税抜)

《ポイント還元率》
 1%

《マイル移行手数料》
 無料


ANA VISAワイドゴールドカードは年会費が14,000円ですが、「マイペイすリボ」と「WEB明細書」の利用登録で割引が適用され、9,500円にすることが可能です。
この年会費割引は、他のANAカードには無いサービスになっています。

また、「マイペイすリボ」や「年間決済額のステージ」によるボーナスポイント制度がここまで充実しているのも、ANA VISAワイドゴールドカードのみの特徴です。

年会費が167,400円と最も高いANAカード「ANAダイナースプレミアム」は、ANAマイル還元率がデフォルト2%ですが、年会費が現実的ではありません。
手が届く年会費で高還元にANAマイルを貯めるのであれば、総合的に判断してANA VISAワイドゴールドカードを選択するのオススメです。


【手軽に始めたい人向け】 LINE Payカード

LINE Payカード

クレジットカードではないですが、2017年現在私が一番おすすめしたいのが、「LINE Payカード」です。
プリペイドカードなので審査もありませんし、LINEアプリのアカウントを保有していればだれでも保有できます。
誰でも発行できるので、主婦の方や学生の方にもおすすめです。

Suicaなどの電子マネーと同じように、事前にお金をチャージする必要はありますが、JCB加盟店のお店であればクレジットカードと同じ要領で利用することができます。

ANAマイルを貯める為のカードではないので、あれこれキャンペーンやボーナス条件でANAマイルを加算できるということは一切ありません。
なので、先ほどのANA VISAワイドゴールドカードのような、なが~い説明もありません。

ではなぜすごいのか?
ポイント還元率が圧倒的に高いのです。業界最高水準の2%を誇ります。

ANAマイルの貯め方

LINE Payカードは、お買い物するごとに2%のLINEポイントを獲得することができます。

LINEポイントはソラチカを利用してメトロポイントにできますので、交換ルートは下記の通りです。

LINEポイント → メトロポイント → ANAマイル

このルートを利用することで、LINEポイント0.81%の交換レートでANAマイルにすることが可能です。

LINE Payカードの還元率は2%なので、2%×0.81=1.62%となり、ANAマイル還元率は1.62%です。

先ほどのANA VISAワイドゴールドカードは色々頑張る必要がありましたが、LINE Payカードの場合はソラチカカードさえ保有していればデフォルトでこの数字です。

チャージで貯める

※2017年4月よりファミマTカードでの支払いができなくなりましたので、以下は現時点では適用できません。※

LINE Payカードは、支払いで1.62%のANAマイルが貯まりますが、ANAマイルは支払い以外でも貯まります。
それがLINE Payカードへのチャージをするタイミングです。

2017年現在はLINE Payカードへのチャージをクレジットカードで決済することはできませんが、コンビニでの支払いはできます。
コンビニ支払いの場合、ファミマではファミマTカードで支払うことが可能なのです。それを利用しましょう。

ファミマTカードではTポイントを貯めることが出来ます。
そのTポイントをANAマイルに交換することで、ANAマイル還元率を最大2.12%まで高めることが可能です。

こちらの記事で詳しく解説しましたのでご参考にどうぞ。
www.mile-de-hawa11.com


スペックのおさらい

LINE Payカード

《発行ブランド》
 LINE(JCB)
《特徴》
 LINE社が提供しているプリペイドカード。LINE Payユーザー同士での送金機能や、出金も可能。

《年会費》
 0円

《ポイント還元率》
 2%

LINE Payカードは年会費無料で手軽に作成できて、超高還元を誇るカードです。
審査なしで発行できるので、ぜひ1枚作っておきましょう。


どちらがANAマイルが貯まるのか?

ANA VISAワイドゴールドカードとLINE Payカードを紹介しましたが、結局どちらがいいのか?
それは、どちらとも言えません。

還元率だけみると、LINE Payのほうが良いとも思えますが、ANA VISAワイドゴールドカードには特典・ボーナスマイルがあります。
入会時のキャンペーンで最大33,000マイル(2017年1月現在)といった爆発的マイルを貯めることができます。
また入会・継続時に2,000マイル、ANA搭乗時にマイル上乗せ、ANA提携加盟店でもANAマイル貯まるので、定期的にボーナスでANAマイルを貯めることが可能です。
LINE Payにはこのような特典やボーナスは存在しません。

しかし、ANA VISAワイドゴールドカードは年会費というランニングコストがかかってしまいますが、LINE Payはそれがありません。
コストなしで高還元にANAマイルを貯められることは大きなメリットです。カード発行時における審査というハードルも存在しません。

ただ、年会費が無料のプリペイドカードなので、旅行傷害保険が付いてなかったりとクレジットカードの恩恵は受けられないのも事実です。

従って、どちらのカードもメリットデメリットが存在するので、自分の生活スタイルに合わせてカードを選ぶ必要があります。


まとめ

  • 陸マイラーなら、絶対に発行するべきはANAマイル交換の効率を最大限に上げるソラチカカード。まず何より先にこのカードを発行しよう。
  • ANAカードを選ぶなら、ANA VISAワイドゴールドカード。ANAマイル還元率は最大1.7173% +α。
  • クレジットカード以外なら、LINE Payカード。ANAマイル還元率は1.62% +α。
  • ANA VISAワイドゴールドカードとLINE Payカードのどちらをメインの決済カードとして使うかは、個人の状況ごとに判断しよう。


参考になれば幸いです。


■関連記事
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村