マイルとハワイとウミガメと

陸マイラーのANAマイルの貯め方を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

MILE DE HAWAII

Love HAWAII, Love ANA mile......
スポンサードリンク
       

年末年始・正月のハワイ旅行はお金持ちの特権なのか?格安になる裏ワザで、一般人でも年末年始にハワイに行く方法まとめ

最終更新日:2018年1月6日

年末年始のハワイ旅行


「せっかくの大型連休は、のんびりリゾート地で過ごしてみたい!」と思ったことがある人も多いのでは?

ただ、お盆やお正月は旅行の超ハイシーズン!
「この時期に飛行機に乗るなんて、芸能人やお金持ちの特権だわ」と思って諦めるのが普通です。

でも正月に芸能人がハワイから帰国してくるのを、指をくわえてテレビ越しに見ているだけなんて悲しい!!
そこでハワイ大好きな一般人の私が、一般人でも年末年始に格安でハワイに行くことができる裏技をこっそりお伝えします。

正直、この裏技は知っている人が増えるほど競争率が高くなるので、あまり言いたくないのですが、、、
こっそり書き綴っておきます。

年末年始のハワイ行きANA航空券の相場

年末年始にハワイ旅行に行くとなると、航空券はどれくらいの値段なのでしょうか?
実際に予約画面で確認してみました。

2016/12/29羽田発ー2017/1/3ホノルル発で調べると(※2016年12月27日時点)
こんな感じです。

年末年始のハワイ行きANA航空券の値段

 【往路】:ANA エコノミー 126,850円
 【復路】:ANA エコノミー 163,480円
      合計    290,330円

ANAの航空券だけで約30万円です!しかもエコノミー!
航空券だけなのでホテルは別途費用がかかりますし、現地での飲食代やお土産代だって必要です。
どんなに切り詰めても一人40万円〜50万くらいはかかりますね。
庶民にはなかなか遠いハナシです。

ちなみに、繁忙期ではない2月に予約を取ると、

2月のハワイ行きANA航空券の値段

 【往路】:ANA エコノミー 44,350円(最安値)
 【復路】:ANA エコノミー 40,980円(最安値)
      合計     85,330円
最安値でこれくらいです。

やっぱり年末年始は高いですね!
年末ギリギリでの予約ということもあるかもしれませんが、平常時の3.5倍もの金額です。

一家4人で年末ハワイに行くとなったら、100万〜200万はかかる計算です。
車買えちゃいますよ。。。
それくらい、年末年始に普通に航空券をゲットする場合はお金が必要ということです。

でも安心してください。
これから庶民でも航空券を取る方法をご紹介します。


格安で旅行するならANA特典航空券を使う

私が紹介する方法は、特典航空券を利用することです。
このサービスを上手に利用すれば、ほぼお金をかけずにハワイへのANA特典航空券を手にいれることが可能です。
ただし、ちょっとした工夫と手間をかけることが必要となります。

年末年始のハワイ行き航空券30万相当を手に入れることができると思えば、その作業なんて微々たるものです!
コツがあるのでご紹介していきます。

ANA特典航空券ってなに?

ANAの特典航空券ってご存知ですか?
飛行機に搭乗したりクレジットカードなどで貯めたマイルで、航空券を引き換えることのできるサービスです。
特典航空券では国内線はもちろん国際線でも利用することができ、1区間(片道)5,000マイルから利用できます。

ただし、今回ご説明する方法は、
飛行機にも乗りませんし、クレジットカードで大金を使うわけでもございません。
後半で説明していきます。

ハワイの特典航空券の必要マイル数は?

ハワイに行くために必要なマイル数は、シーズンと搭乗クラスによって決まってきます。※ハワイはホノルル行き

  • まず、飛行機を利用したい時期のシーズンチャートを確認します。

【シーズンチャート】
L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)

ANA国際線特典航空券のシーズンチャート
※ANA公式HPから引用
ちなみに、ハワイの場合は例年1/1〜1/2は特典航空券が利用できない期間となっています。

  • 次に、先ほど確認したシーズンと搭乗クラスを照らし合せて、必要マイルチャートを確認します。

【利用クラス】
 Y(エコノミークラス)、C(ビジネスクラス)、F(ファーストクラス)

ANA国際線特典航空券ハワイ行きの必要マイルチャート
※ANA公式HPから引用

ANAのハワイ便はファーストクラスが無いので、エコノミーとビジネスクラスのみです。
35,000マイル〜68,000マイル程度で利用することが可能です。

年末年始はハイシーズンになるので、エコノミー往復航空券の必要マイル数は43,000マイルとなります。
ANAハワイ便の特典航空券はかなり人気なので予約は激戦となりますが、マイルさえ貯めておけば最悪違う旅行先にしたり、時期をずらして飛行機を取ることも可能なので、ぜひ今から説明する方法でマイルを貯めることをオススメします!

ハワイに行くためのANAマイルを、費用を掛けずに貯める方法

マイルを貯めるといば、飛行機の搭乗やクレジットカード決済を思い浮かべる方が多いでしょう。

でも、飛行機に何回も乗るなんて現実的ではないし、一般のクレジットカードだと100円=1マイルなので、350万〜680万円決済しないとハワイにいけません!
大金すぎますよね?

マイルを簡単に貯めるために必要なのは、ポイントサイトの利用です。
私はポイントサイトを利用して毎月18,000ANAマイルを貯めています。

つまり、ポイントサイトを使ってちょっと手間をかければ、3ヶ月〜4ヶ月程度でハワイの特典航空券をゲットするためのポイントが貯まります。


ポイントサイトは学生や主婦がちょっとしたお小遣い稼ぎに使うイメージがあるかもしれませんが、むしろ会社員など安定的に働いている社会人のほうが賢く利用できる仕組みになっています。
お小遣い稼ぎというより、大量のANAマイルを一気に貯めるゲームのような感覚です。

「正直、こんなに簡単にマイルってたまるの?」
と思ってしまうくらい、サクサク貯まります。笑
しかも費用はそこまで掛けなくても、全然OKです。

ではそのカラクリを見ていきましょう。

ポイントサイトを利用する

ポイントサイトは、以下のような案件をこなすことでポイントが貯まるサイトです。

  • クレジットカード発行やFX口座登録
  • 楽天やYahoo!ショッピング、Amazonなどのネットショッピング
  • アプリインストールや課金
  • 外食モニターや商品購入モニター

最近はきちんとした運営管理をしているサイトばかりなので、安心して利用でき会員数も年々増えています。

このポイントサイトでポイントを貯めることで、
飛行機に乗るより、クレジットの決済をするより、はるかにお得にANAマイルを獲得することができます。

例えば、年会費無料のカードを1枚作るだけで10,000ANAマイル相当のポイントがもらえたり、指定の飲食店で外食しただけで支払い代金分のポイントがもらえたりします。
正直、ハワイ行き往復特典航空券に必要なマイルくらいなら、無料の案件だけでも確実に貯めることが可能です。


このポイントサイトで貯めたポイントは、ANAマイルに交換しないと特典航空券の予約ができません。
ANAマイルを大量に貯めるには、貯めたポイントを高レートでANAマイルに交換する手順を踏む必要があり、これこそがANAマイルを貯める最大のコツになります。

これを理解して実践するだけで、費用はほぼ掛けずにANAマイルを貯めることが可能になります。
私はこの方法を知ってから、毎年ビジネスクラスでハワイに行けるくらいのマイルを貯めることが出来るようになりました。


以下の記事でANAマイルの貯め方の全貌を解説していますので、ぜひご参照ください。
www.mile-de-hawa11.com


まとめ

年末年始やお盆などの繁忙期シーズンは、旅行するにも莫大なお金がかかりますが、
ちょっとしたコツでANAマイルを貯めれば、特典航空券を利用してタダで飛行機に乗ることができます。

まとめると、以下の流れです。

  • ポイントサイトでポイントを貯める
  • 貯めたポイントをANAマイルに交換する
  • ANAマイルで特典航空券を利用する

ANAマイルを貯めていれば、繁忙期のシーズンの値段よりもはるかに格安で飛行機を取ることが可能です。
今回ご説明した方法は誰でも出来るけど、知っているのと知らないのではまるで違います。
普段の生活でANAマイルを取りこぼしている方は、今からでもANAマイルを貯める生活スタイルに変えてみては?


参考になれば幸いです。



■関連記事
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村