読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルとハワイとウミガメと

陸マイラーのANAマイルの貯め方を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

MUFGコインが2017年発行へ。仮想通貨MUFGコインで何が変わるのか? 電子マネーと陸マイラーへの影響は?

f:id:mile-de-hawa111:20161211092251j:plain


年明け早々、ニュースが飛び込んできましたね!
仮想通貨「MUFGコイン」の発行です。
今年2017年中に発行の方針ということですね。

まだ正式発表にはなっていないようですが、2017年1月3日に共同通信が報じています。

仮想通貨なんてちんぷんかんぷんだったので、私が調べた限りのことを備忘録まで。
陸マイラーにとって、今後の展望はどうなのでしょうか。

MUFGコインで何ができるの?

報道から抜粋していくと、どうやらこんなものらしいです。

MUFGコインは、利用者が、同行の口座にある預金を「1コイン=1円」の比率でコインに交換し、スマートフォンのアプリに取り込むなどして使う。 

 利用者同士はわずかな手数料でコインをやり取りでき、会食後の「割り勘」などでの利用が想定されている。空港で外貨に換えて引き出すこともでき、手数料も大幅に安くなるという。
 「Suica」(スイカ)など、前払い式の電子マネーと似ているが、利用者同士がネットを通じて「送金」できる点などが異なる。

 同行は、コインを取り込んだスマホをかざせば現金を引き出せる新型ATMの開発も進めており、2018年春から順次、配備する予定。実現すれば、同行に口座を持たずとも、スマホに取り込んだコインをATMで現金化できるようになる。

出典:朝日新聞デジタル

つまり、口座がなくてもMUFGコインのスマホ口座を持つだけで、現金と同等価値のMUFGコインのやりとりが可能になりますよということですね。


ここまでだと、LINE Payとちょっと似てるなあ、と思いますよね。

違うのは、
・口座への出金の際に銀行口座を持つ必要があるか無いか
・外貨両替の自由度の高さ(LINE Payは現状韓国ウォンのみ)

というところでしょうか。

市場に広く浸透するには、LINEを超える利便性と優位性、利用商圏の広さ、また手数料がどこまで下がるのかというところが求められそうですね。


電子マネーとの違いを触れておくと、
・電子マネーはお金をチャージしても、第三者間(利用者同士)の送金が不可能であること
という点が挙げられるそうです。
確かに、電子マネーってクローズドだから他の人に送金することもできないですよね。


MUFGコインは仮想通貨?

MUFGコインは仮想通貨といわれていますが、どうやらビットコインのそれとは性質が異なるようです。

最大の違いは発行元の有無。
ビットコインは発行元がありませんが、MUFGコインは発行元が三菱東京UFJ銀行となります。
また、ビットコインは為替レートで常に変動しますが、MUFGコインは1コイン=1円と固定されたレートとなっていて安定した価値になるようです。

一部の記事で金融庁の見解が触れられていましたが、
MUFGコインを三菱東京UFJが1コイン=1円として価値を保証している時点で、仮想通貨というより電子マネーの色が強い、という意見もあるようです。
これについては、政府の正式な見解が出るまで分かりませんね。


とはいえ、普段から親しみのある銀行が発行する仮想通貨というところで、日本人としてはだいぶ利用のハードルが下がりますね。

今後のPontaポイントとの交換ルート開通はあるのか?

共同通信が報じたなかで、MUFGコインの特徴が4つ挙げられていました。

  • 国内送金が法定通貨より早い安い
  • スマホで解説できる専用口座を用意
  • 円と交換できるようにして、新たに開発するATMで引き出し可能とする構想も
  • コンビニのポイントと交換できるようにするアイデアも

出典:共同通信

3つ目までは朝日新聞デジタルで触れた内容とかぶりますが、4つ目が新たな情報と加わってきましたね。

昨年から噂レベルで囁かれていますが、三菱系といえば「Pontaポイント」ですよね?
Pontaの電子マネーとMUFGコインの交換が可能になるサービスも準備しているのでは?というのが期待されますね。
そしたら、大量に貯まったPontaポイントを現金化?なんてことも可能かも?
あくまで噂ですが。。

いずれにせよ、三菱系企業のサービスでMUFGコインでのやりとりができるような仕組みは整っていくはずなので、現実味があるような気がします。

陸マイラーにとってのメリットは?

ここまで書いてきて、核心に触れられそうなことは何もありません!

ただ、各マネー間の交換ルートに新たな動きが出ることは予想されますね。
それに追随して、各社でのキャンペーンが盛りあがるなんてこともあるかもしれません。

三菱系なので、どちらかというとJALのほうに動きがありそうなので、ANAマイラーにどれだけおこぼれが来るかは分かりませんが。

また新たな情報が出れば、追って記事にしていきたいと思います!



参考になれば幸いです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村