マイルとハワイとウミガメと

陸マイラーのANAマイルの貯め方を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

ふるさと納税で住民税が減った!住民税額決定通知書でふるさと納税の控除額を確認するには?

f:id:mile-de-hawa111:20161211091922j


毎年6月は会社員にとっては住民税額の変更が入る月ですね。

所得額の変更によって住民税が変わった人も多いかと思いますが、
「ふるさと納税」をした人はちゃんと住民税が控除されているかチェックする必要がありますよ!

住民税控除の確認方法と、私が実践している「ふるさと納税」のお得な活用方法について今回は解説していきます。


ふるさと納税と住民税控除って?

今となってはすっかり定着しているふるさと納税ですが、仕組みをざっとおさらいしましょう。


ふるさと納税は、都道府県・市区町村への「寄附」のことで、自分の好きな市町村を選んで「寄附」をすることが可能。
自治体に寄附したお金は、確定申告もしくはワンストップ特例申請を行うことで、寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除される。
基本的な控除額は、寄付したお金から2,000円を除いた全額が対象。
なお、自治体によっては寄付金額に応じて、その地方の特産品などの返礼品を受け取ることができる。


ちょっと分かりずらいかもしれないので、例をとって説明しましょう。

私がA市に住民票を置いていたとします。
2016年にB自治体に20,000円分のふるさと納税をして、返礼品として「黒毛和牛」を受け取りました。
そうすると、翌年2017年6月から1年間のA市への住民税額は、20,000円から2,000円を差し引いた18,000円分が控除されます。


つまり「ふるさと納税」とは、
実質2,000円で素敵な返礼品をもらうことができて、2,000円を除く寄付額は住民税控除としてちゃんと戻って来る!
という素敵な制度ということです。


返礼品は自治体によって様々ですが、2,000円の価値ははるかに超えるだろうという豪華なラインナップがたくさんあります。
これはやらなきゃ損!な制度というわけです。


ふるさと納税の控除は、「住民税額決定通知書」で確認できる

6月あたりになるとサラリーマンの方は会社から「住民税額決定通知書」を受け取りますよね?
そこで、ふるさと納税の分がちゃんと税金控除されているかを確認することができます。


市町村によって記載フォーマットは多少変わりますが、
ふるさと納税をした場合は、摘要欄に「寄付金控除(〇〇円)」といった記載
をしてくれている市区町村があります。

私はこんな感じで記載されていました!
住民税額決定通知書でふるさと納税の控除額を確認

ここに記載があれば、基本的にはこの額がふるさと納税の控除額となります。
市区町村民税と都道府県民税が分かれている場合は、その合計額がふるさと納税の控除額になります。
この控除額が、寄付金額から2,000円を引いた額とほぼ同じような額になっているはずです。



もし摘要欄にこのような記載が無い場合は、
「税額控除額」と描かれている欄に市区町村民税と都道府県民税の税額控除額が書かれているので、そこを確認しましょう。
住民税額決定通知書でふるさと納税の控除額を確認

この合計額が控除額となっていればOKなのですが、この「税額控除額」の欄にはふるさと納税分以外の控除額も加算されています。
その中には調整控除というものが必ず含まれていて、数千円程度は最低でも加算されています。
他にも人によって控除額の計算方法が変わってきますので、きちんとした金額が知りたい人は住民税支払先の市町村へ問い合わせてみましょう。



ちなみに、確定申告した人は、控除額は住民税だけではありませんので確認方法が異なります。
年度末の確定申告で返ってきた所得税の還付額にも、ふるさと納税の控除額の一部が含まれています。
したがって、所得税の還付額と住民税の控除額を合わせた金額がふるさと納税の控除額の合計となりますので、もし「住民税額決定通知書」の控除額が少ないなと思ったら確認してみるといいかもしれません。


ふるさと納税は、活用の仕方次第でお得度に雲泥の差が!

前年に寄付しておくと、翌年の住民税が安くなって、ちょっぴりお得な気分を味わえるふるさと納税。
来年に向けて、今年寄付しようと考えている方も多いのではないでしょうか。


ふるさと納税は、ただ単に自治体に寄付して返礼品をもらうだけではなく、プラスでお得になる活用方法があります。
どうせふるさと納税するのであれば、最大限おトクに利用しましょう。


私がおススメするのは、ふるさと納税をしながらポイントを大量に貯める裏ワザです!
なかでも一番お得度が高いのは、ふるさと納税で楽天スーパーポイントを貯める方法です。


実は楽天市場からもふるさと納税ができるって知ってましたか?

私は昨年、こんなお肉や、
ふるさと納税の肉
いくら、
ふるさと納税のいくら
ソーセージ!
ふるさと納税のソーセージ

これらを楽天のふるさと納税でゲットしました!
もちろんばっちり住民税の控除も受けられましたよ。



楽天市場の良いところは、何と言ってもポイント還元率が高い商品が多いところ!
楽天ではポイント10倍などを頻繁に行っているので、10,000円分のふるさと納税で1,000楽天スーパーポイントをゲットできたりします。

楽天スーパーポイントはもちろん楽天市場でのお買い物にも使えますし、私のようなANAマイラーはマイルに交換したり、他の提携先ポイントに交換することもできます。

ふるさと納税はいろいろなサイトがありますが、大量のポイント還元を受けられるのは楽天市場ならではの特徴であり強みです。
いろんなポイントを貯めてちょっとでも得したい方は、楽天市場経由のふるさと納税がオススメです。


さらに一歩踏み込むと、楽天市場をさらにお得に活用する方法も存在します。
こちらの記事で解説しましたので、ANAマイルを貯めている人もそうで無い人も、楽天ポイントを貯めるコツがわかる内容となりますので、是非一読ください。
www.mile-de-hawa11.com


まとめ

  • ふるさと納税の住民税控除額は「住民税額決定通知書」で確認可能。【寄付額-2,000円分】が控除されているか必ず確認しよう。
  • ふるさと納税をお得に活用するなら、楽天市場を利用して楽天スーパーポイントも同時に貯めるのがオススメ!


参考になれば幸いです。



■関連記事
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村