読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルとハワイとウミガメと

陸マイラーのANAマイルの貯め方を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

ポイントサイトからANAマイルへの交換ルートまとめ!! 陸マイラーなら押さえておきたいソラチカルートも分かりやすく解説☆

陸マイラーになると、マイルの獲得元となるのがポイントサイト。


じゃあ、ポイントサイトで貯めたポイントって、結局どうやってANAマイルに交換するだっけ?
と、頭がごちゃごちゃになったりしますよね?

あるあるです!
ポイント経由地とか沢山あって、私も最初のころはしばらく混乱していました。。。


今回はANAマイルまでのポイント交換ルートをまとめましたので、
ポイント交換ルートの備忘録としてぜひご覧になっていただければ幸いです。



(陸マイラー初心者の方はまずこの記事からどうぞ)
mile-de-hawa11.hateblo.jp

ポイントサイトからANAマイルまでの代表的な交換ルートは、4パターン!!


陸マイラーになると、ポイント交換ルートは頭に入れておかないといけませんよね。

私のほうでサクッと代表的なルートをまとめてみました!
他にもルートはあると思いますが、よく使うものだけピックアップしています!

  • 陸マイラーのためのポイント交換ルート

ポイントサイトからANAマイルへの交換ルート解説

2016年末の今現在は、こんな感じではないでしょうか。

それでは詳細を解説します。


【ルート①】ハピタスなどのポイントサイトは.moneyを経由

ハピタス_ANAマイル_ポイント交換_ちょびリッチ_.money_メトロポイント

以下のようなポイントサイトを利用している場合は、.moneyを経由していくのが一番お得なルートです。
・ハピタス(1P→1ドットマネー)
・ちょびリッチ。(2P→1ドットマネー)
・モッピー(1P→1ドットマネー)

その他、ポイントインカムやPONEY、ポイントランドなども.moneyが経由地として利用できます。

.moneyは交換時の手数料は無料ですし、時期によっては各ポイントサイトからの交換でポイント増量キャンペーンもやっています!
サイバーエージェントが運営している媒体なので、運営も安心です!
無料で会員登録もしくはソーシャルログインもできるので便利です。

.moneyからの交換先はメトロポイントとなり、交換手数料も無料となりますので、目減りすることなくメトロポイントへ交換できます。

ここから先のメトロポイントを経由して高レートでANAマイルにするルート、
いわゆるこれがソラチカルートになります。

陸マイラーにとってソラチカルートは、効率良くANAマイルへ交換するための必須ルートです!

メトロポイントからANAマイルについては、交換レートがなんと驚愕の0.9!!
他ルートではありえないANAマイルへの交換率です!

ソラチカルートを利用するには、ソラチカカードの発行が必須となります。

ソラチカルートの重要性と、ANAマイルの貯め方については別記事で説明しています。
mile-de-hawa11.hateblo.jp


【ルート②】ポイントタウンなどのポイントサイトはPeXを経由

ポイントタウン_ANAマイル_ポイント交換_PeX_メトロポイント

.moneyが経由地として使えないポイントサイトについては、PeXを経由地として使っていきましょう。
PeXも無料で会員登録ができます。

対象のポイントサイトはこちら。
・ポイントタウン(20P→10PeXポイント)
・レシポ!(1P→10PeXポイント)

PeXポイントは、メトロポイントへの交換時に交換手数料が発生します。
1回の交換で「500PeXポイント」の定額となりますので、50円相当の手数料となります。
定額制となっていますので、ある程度PeXポイントが貯まった段階で交換しましょう。

メトロポイント以降は①のルートと同様です。


【ルート③】LINEポイントはメトロポイントのみ経由

LINEポイント_ANAマイル_ポイント交換_メトロポイント

普段の買い物で重宝したいLINE Payで貯まるLINEポイントはメトロポイントへ交換可能です。
経由地が1つなので少し楽ちんですね。

ただし、LINEポイント→メトロポイントの交換レートは0.9になります。
10%はLINEの手数料となり、引かれてしまいますのでご注意を。


LINE Payの重要性については、この記事からどうぞ
mile-de-hawa11.hateblo.jp


【ルート④】楽天ポイントやTポイントは直接ANAマイルへ交換

楽天ポイント_ANAマイル_ポイント交換_Tポイント

楽天サービスで貯めた楽天ポイントや、コンビニその他各種サービスで貯めたTポイントは、直接ANAマイルに交換できます。

ただし、ANAマイルへの交換レートは0.5となりますので、Tポイントや楽天の100ポイントは50ANAマイルにしかなりません。

ここまでポイントが目減りするとガッカリ感はありますよね。。

ポイントを交換するかどうかは、1マイルの考え方次第です。
ANAマイルを特典航空券で使用する場合は、エコノミークラスなら1マイル=2円前後もしくはそれ以上の価値になったりします。
特典航空券でビジネス以上のクラスだと、1マイルの価値はもっと跳ね上がり、5円~20円。場合によってはそれ以上です

そう考えると旅行好きの方なら、交換レートが0.5でもANAマイルに交換する価値はありますよね。


まとめ

ポイント獲得地点によって、ANAマイルへの交換ルートは大きく分けて4パターンです。
各ポイント間やマイルまでの交換レートはそれぞれ異なりますので、しっかり頭に入れておきましょう!



参考になれば、幸いです。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村