マイルとハワイとウミガメと

陸マイラーのANAマイルの貯め方を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

MILE DE HAWAII

Love HAWAII, Love ANA mile......
スポンサードリンク
       

アメックス(AMEX)カードは、なぜステータスカードと呼ばれるのか?

クレジットカードといえば、どのブランドを思い浮かべますか?

きっと日本人なら、「VISA」が真っ先に思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか?

数あるブランドの中でも、ステータスカードと呼ばれているが、「アメリカン・エキスプレス=通称アメックス(AMEX)」カードです。

何となく敷居が高いイメージはありますが、なぜアメックスはステータスカードなのか?
今回はその謎に迫っていきます。


アメックスと他ブランドの比較

私はANAのアメックスカードホルダーなので、ANAアメックス(一般)の提携カードを例にとって説明していきます。

まずはANA一般カードで、基本情報をブランド比較してみましょう。

VISA JCB AMEX
年会費 2,000円(税抜) 2,000円(税抜) 7,000円(税抜)
海外旅行傷害保険 1,000万円 1,000万円 3,000万円※
国内航空傷害保険 1,000万円 1,000万円 国内旅行傷害保険で補償
国内旅行傷害保険 なし なし 2,000万円※

※対象AMEXカードで旅行・航空費を決済した場合のみ

この通り、アメックスはダントツで年会費が高いです。
一般カードなのに7,000円と、他カードより5,000円も高い金額設定となっています。


ここからわかるように、
アメックスがステータスカードと呼ばれる最大の理由は、年会費の高さによるところが大きいでしょう。

この簡単には手を出せない敷居の高さこそ、アメックスブランドの価値を顕著にしています。
さらに、カード審査が他ブランドよりも比較的厳しいということも一因にあります。

そのせいもあってか日本でのアメックスのシェアはそこまで高くありません。
このカードホルダーの希少性が、もしかしたらアメックスブランドの日本人のイメージ価値を増幅しているのかもしれませんね。

アメックスの世界的シェアはなぜ高いのか?

日本でのアメックスのシェアが低いのは前段で述べましたが、国際ブランドで世界シェアは3位となっています。

カードブランドにおけるシェアが、日本と世界でズレていることについては、カードを持つ意味の考え方によるところが大きいでしょう。

日本人の多くは、クレジットカードを「決済のためのツール」や「サブとして保険の役割」といった目的で保有することが多いです。
しかし海外では、クレジットカードは「ステータスの象徴」として保有するケースも少なくありません。

アメックスはもともと富裕層向けに作られたブランドです。
そこがカード保有目的と合致する海外で広く利用されている所以でしょう。


では、アメックスはただただステータスのために高い年会費を払うカードなのか?
それはちょっと違います。


アメックスの最大の特徴は、そのサービスを豊富さにあります。
アメックスは富裕層向けのクレジットカードですので、より生活を豊かにするという目的でサービスを展開しています。
前段で言及したカード比較で保険サービスが圧倒的に充実していたことに加えて、基本情報だけでは見えない優れた付随サービスをたくさん有しています。

正直、アメックスの充実したサービスをきちんと理解すれば、年会費を多少高く払ってもカードを保有したいと思う方は多いはずです。


アメックスの充実したサービスとは?

では、どんなサービスがあるのでしょうか。
まずは私が保有しているANAアメックス一般カードのサービスで説明していきます。

ANAアメックスカード

空港ラウンジの利用

羽田空港の空港ラウンジ
※写真は羽田空港の空港ラウンジ

アメックスカードを保有していれば、国内28空港・海外2空港で空港ラウンジを無料で利用することができます。

この空港ラウンジサービスは他ブランドであれば、ゴールドカードを保有しないと利用できないようなサービスです。

それがアメックスであれば一般カードを保有することで提供されています。
しかも、他ブランドは基本的にカード保有者本人のみが対象となりますが、アメックスの場合は本人に加えて同伴者1名までOKというから驚き。

空港での待ち時間を快適に過ごせるサービスがついているのが1つ目の特徴です。

手荷物無料宅配サービス

アメックスの手荷物無料宅配サービス

アメックスカード保有であれば、海外旅行から帰国した際にスーツケース1個までは無料で自宅まで配送してくれます。
(ただし成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港など限定された空港のみ)

海外旅行に年に数回行く人は、このサービスだけで年会費の元を取れてしまいますね。

旅行傷害保険

アメックスカードを保有していれば、他ブランドの同ランクカードより充実した旅行傷害保険を受けることができます。
例えば、海外旅行であれば最大3,000万円、国内旅行は最大2,000万円となっています。
他ブランドのANA一般カードでは、国内は航空傷害しか補償されませんが、アメックスはプラスで旅行傷害も補償されるので、万が一のときも安心です。

マイルの有効期限が実質無期限に

アメックスANAカードは、他ANAカードと同様にマイルを貯めることに特化したカードです。

アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」で100円支払うことに1ポイントが貯まるので、そのポイントを1ポイント=1マイルに交換することが可能です。


ANAマイルにポイントを交換するためには、年会費6,000円(税抜)の「ポイント移行コース」に加入する必要がありますが、アメックスのすごいところはここにあります。
この「ポイント移行コース」に登録している間は、ポイントの有効期限が無くなります。
つまりポイント有効期限を気にすることなく、好きな時にポイントを使用することができるのです。

ちなみに他ブランドカードではこのようにはいきません。
他ブランドでも独自のポイントプログラムがありますが、大概はポイント有効期限が2年〜3年となっています。
この期間にマイルに移行すればいいわけですが、ANAマイルも有効期限が3年となっているため、この期間に使いきれないと完全に無駄になります。
期限内に「行きたい旅行先のスケジュールが確保できる&それ相当のマイルが貯まっている」のであれば問題ないですが、大抵そんな都合よくいきません。


ポイントの有効期限を気にすることなく利用できるアメックスは、マイルが貯まってから計画的に旅行の予定を組むことができます。

その他の充実したサービス

他にもたくさんサービスがあるので、ここからはサービス概要だけ見ていきましょう。

  • グローバルホットライン

海外旅行先からも日本語で対応してくれる「クローバルホットライン」サービスがあります。
世界中のほとんどの国から24時間通話料無料で連絡することができ、レストランの予約から緊急時の相談まで電話で対応してくれます。

  • オンライン・プロテクション

インターネット上でカードが不正利用された時に、損害を全額補償してくれます。

  • ショッピング・プロテクション

アメックスカードが決済した商品が購入から90日以内に破損・盗難等にあった場合、年間最高200万円まで補償してくれます。



他にも色々ありますが、書ききれないのでこの辺にしておきます。


ANAアメックスカードは、旅行向けのサービスがかなり手厚いですよね。
私もそうですが、この充実したサービスがあるからこそアメックスを保有する方も多いのではないでしょうか。

ちなみにANAアメックスカードは審査もそこまで厳しくありません。
私がこのカードを発行した際は社会人2年目くらいの時だったので、年収もさほど高くなかったのでそこまでハードルは高くないと思います。

最後の方でアメックスカードを発行するなら知っておきたい発行時のコツも記載しますので、ANAアメックスカード発行を検討する方は必ずチェックしてください。


アメックスプロパーカードはもっとすごい

今まで、ANAの提携カードのアメックスを紹介してきましたが、アメックス本体が発行するプロパーカードについても少し触れておきましょう。

アメックスのプロパーカードといえば、印象的な「アメックスグリーン」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
アメックスグリーンはプロパーの一般カードですね。
アメックスグリーン
年会費は12,000円(税別)と、他ブランドでは類を見ない料金設定になっています。


先ほど説明してきたANAアメックスのようにマイルを貯めることは特化していませんが、例えば、手荷物無料サービスに羽田空港が含まれていたり、旅行傷害保険が最高5,000万円、ショッピングプロテクションの補償額が最大500万円、商品返品補償のリターン・プロテクションがあるなど、サービスが拡張しています。

その中でも、ANAアメックスには無いサービスで圧倒的にアメックスグリーンのすごいところをいくつかピックアップしていきましょう。

プライオリティパスが無料で利用できる

プライオリティパスを初めて耳にした方も多いのではないでしょうか。
プライオリティパスとは、世界の空港のラウンジを利用できる権利のことを指します。

アメックスのプライオリティパス

前段のANAアメックスカードの説明で空港ラウンジが利用できるということを話しましたが、プライオリィパスはその拡張版と思ってください。

ひとえにラウンジといっても、カード会社などが運営している空港ラウンジと、航空会社が運営している航空会社ラウンジがあります。
両者の違いはサービスの充実度です。
基本的に空港ラウンジは比較的簡易的な施設で飲み物はソフトドリンクくらいしかありませんが、航空会社ラウンジは豪華な設備に加えアルコールなども飲み放題になります。

アメックスグリーンはこのプライオリティパスの99USドルの年会費が無料で利用できます。
もともとカード年会費が12,000円でしたが、これでほぼ元を取れてしまっていますね。

ちなみに、プライオリティパスの99USドルサービスは、年会費とは別で利用時に27USドルを支払う必要があります。
日本円で約3,000円程度ですが、普通なら各航空会社の上級会員でないと入れない場所に入れてリッチな時間を過ごせるので、高いかどうかは考え方次第です。
また、プライオリティパスを運営している会社が提携している航空会社のラウンジが利用できる形となりますので、全てのラウンジが使えるわけではありません。
ANAやJALは残念ながら提携にはなっていないようです。

エクスペディアの予約が優待価格に

国内外のホテルや海外ツアーを取り揃えているオンライン予約サービスのエクスペディア。
このエクスペディアをアメックスカード会員であれば優待料金で利用可能です。
具体的にいうと、海外ホテルの宿泊料金が8%OFF、海外ツアー料金は3,750円OFFといったような割引です。

無料ポーターサービスやエアポート送迎サービス

成田国際空港と関西国際空港に限られますが、電話予約しておけば無料でポーターを手配できます。
出発時は空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから空港の駅改札口やバス停までです。

また、事前予約で提携タクシーを利用可能地域内で格安の定額料金で利用できるエアポート送迎サービスもあります。



いかがでしょうか。
さすがステータスカードアメックスという感じではないでしょうか。
これだけサービスが豊富であれば年会費が高いのも頷けますよね。
ちなみに、この上のアメックスゴールドは、アメックスグリーンのサービスを踏襲しつつさらにサービスが拡張するようです。


ただし国内決済でのみクレジットカードを使用したいのであればアメックスがカードのサービスを十分に利用できるというわけではありません。
自分の利用目的を整理して、クレジットカード選びをすることが重要です。


アメックスカードを発行する時のちょっとしたコツ

ちなみに、アメックスカードを発行するならちょっとしたコツがあります。

ただ単にアメックスのホームページから入会手続きをしても、アメックスの入会キャンペーンが適用されるのみです。
どうせ入会するなら、アメックスが出している広告を利用してキャッシュバックを受けましょう。

その方法は、アメックスがポイントサイトに出している広告を利用することです。
ポイントサイトはお小遣い稼ぎができるサイトとして使っている人が増えていますが、アメックスカードを発行してポイントを稼ぐことができます。

アメックスでは入会者を増やす広告として、ポイントサイトにカード入会の広告を掲載しています。
ポイントサイトはアメックスへの入会者を増やすと広告費がもらえる仕組みになっています。
そのため、ポイントサイトは利用者を増やすため、私たち利用者にポイントバックするという独自の仕組みをとっています。
ポイントは現金化することも可能なので、キャッシュバックを受けると同じことになります。

私たちにとっては、普通にカード入会する予定だったのに、さらにお小遣いがもらえてラッキーというだけ話なので、カード発行を考えている方はポイントサイトを利用した方が断然お得です。


ちなみに私がよく利用するハピタスというポイントサイトでは、
ANAアメックスカードは1,000円相当ポイント、アメックスグリーンは1,000円相当ポイント、アメックスゴールドは2,000相当ポイントがもらえます。(2017年3月現在)
f:id:mile-de-hawa111:20170320181904j


クレジットカードの入会は基本的にポイントサイトを利用した方がお得です。
他カードの入会についても一度ポイントサイトを確認してから発行しましょう。

【ハピタス】
無料会員登録 | ポイントサイトなら高還元率のハピタス | ネットショッピングでお得に貯めて現金やギフト券に交換



まとめ

  • アメックスはその年会費の高さや審査難易度からステータスカードと呼ばれるが、充実の付帯サービスが豊富。特に旅行好きな人には利用価値が高いサービスが多い。
  • アメックスのANAカードなら、ポイント期限を気にせずマイルを貯めることが可能。
  • アメックスのプロパーカードはさらに充実のサービス展開。プライオリティパスは年会費の元をほぼ取れるリッチなサービス。
  • アメックスのクレジットカードを発行するならポイントサイトを経由した方が断然お得。


参考になれば幸いです。



■関連記事
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com
www.mile-de-hawa11.com



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村