マイルとハワイとウミガメと

陸マイラーのANAマイルの貯め方を解説。ソラチカ、ポイントサイト、特典航空券、LINE Pay、マイルの貯め方、ハワイなどについて綴っていきます。

衝撃!ふるさと納税ってこんなに簡単ですごいんだ!! 制度やマイルの貯め方について、とことん調べた結果を簡潔に解説します!

聞いたことはあるけど、
周りでやっている人もいるみたいだけど、、、
違う市町村に納税ってどういうこと??

というか「ふるさと納税」ってなんでみんなしきりにやってるんだ??


ほんの少し前の私の気持ちを活字にしてみました。( ̄∀ ̄)

陸マイラーになるまで、メディアで取り上げられているのはたくさん目にしてきましたが、実際に自分でふるさと納税しようと思ったことは露ほどもありませんでした!

なぜか。
そりゃあ、あれですよ。「税」っていう響きですよ!!
いかにも面倒くさそうじゃないですか!

もうやる気減退です。触らぬ神に祟りなしってやつです。


それが、陸マイラーになってお得なポイント獲得方法を試行錯誤しながら探しているときに、ついに「ふるさと納税」と出会ってしまったのです!(´ω`)

いろいろ調べた結果、
ふるさと納税は納税者にとっても市町村にとっても、完全にWINWINな素晴らしい制度でした!
おまけにANAマイルも貯まるっていうのだから、これはやるしかないですよ!

陸マイラーさんの他のブログにも、ふるさと納税はどこでポイントを稼ぐべきかという記事はたくさんありますが、イマイチふるさと納税自体がどういう仕組みか理解できず、いろいろ調べてみました!(-.-)y-., o O
やっと納得できたので、簡単にざっくりとこの制度を説明します!
私が1番お得だと思ったマイル獲得方法も解説しますよ〜!


ふるさと納税ってなぁに??

f:id:mile-de-hawa111:20161111223657p:plain


はじめに、最終的にこうなるということだけ伝えると、

ふるさと納税をして、

  • 単純に自分の手元に増えるものは、「市町村からの返礼品」
  • 単純に手元から減るものは、「2,000円」

要はこの結果に尽きるのです!

つまり裏を返せば、
2,000円払えば「市町村からの返礼品」という形で普段買わないような高価な品々が買えるという制度です!

「えっ、だってふるさと納税するとき10,000円とか20,000円とか払うじゃん!」
と思ったそこのあなた!
そこで払ったお金は、2,000円を除いて全て自分に還元されます。

どう還元されるかというと、

  • 翌年の住民税を控除 → 要は住民税が減額される
  • 所得税が還付される → 要は所得税で払った分のお金が返ってくる

の2つです!

つまりふるさと納税で払ったお金が50,000円だとすると、2,000円は戻ってきませんが、残り48,000円は住民税控除なり所得税還付なりで自分に返ってくるという制度です!
あら、素敵!!!*\(^o^)/*


と、いいことを並べてきましたが、
実際に自分に還元されるためには小難しい書類をたくさん提出しなきゃいけないんじゃないの?とか思いますよね?

それが、世の中便利になったものです。
確定申告をしないサラリーマンやOLの方は、
5市町村までのふるさと納税であれば、ふるさと納税の商品購入の際にワンストップ特例申請書を申し込めば、対象市町村から必要書類が送られてきます!
それをサクっと書いて返信するだけで、なんと自動で住民税控除・所得税還付がされます!
ただし、サラリーマンの方でも医療費控除申請や住宅ローンで確定申告したりすると、自分でふるさと納税の確定申告をしないといけないので気をつけましょう!

節税しながら、たった2,000円で高価なお品が手に入るのであればやらない手はないですよね!
私も初めてこの制度をちゃんと理解した時は、今までやってこなかったことを激しく後悔しました。。。
情報アンテナが昭和スペック並みに鈍かった過去の自分は、本当にばかやろうです。。
知らないのはもはや罪!_| ̄|○


しかし、ふるさと納税は無限にできるわけではありません。
無限にやったら控除する住民税なくなっちゃうよ!って話ですからね!
ふるさと納税が適用される金額はその年の自分の年収や世帯構成によって決まります。
なので、自分がふるさと納税できる上限額を調べたうえで、ふるさと納税しましょう!
先に書いたようにサラリーマンの方でも医療費控除申請や住宅ローンで確定申告したりするとこの計算式も変わるので、しっかり確認しましょうね!

総務省のホームページに載っているのでこちらをご参考にしてください!
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html



とまぁ、こんな素晴らしい制度を知ったからにはやらない訳にはいきませんよね。
今年はあともう少し!駆け込みで申し込むのならまだ間に合います!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


では早速、ANAマイルを効率的に貯めるなら、どこでふるさと納税すべきかをお教えします!


ふるさと納税は、ハピタス経由でポイントUP中の楽天市場を狙え!

1円でも得したい私が選んだのが、
ハピタス経由で楽天市場に入り、ポイントアップ中のふるさと納税を購入することです!

楽天市場はお買い物マラソンなどのSALEを毎月開催していますが、ふるさと納税の商品も例に漏れず、ポイント10倍になることがしばしばあります!
そこを狙うのです!
更に楽天カードで買えば、楽天ポイントが追加で3倍付きますので、13倍の楽天ポイントがGETできます!


つまり、ANAマイル獲得までをシュミレーションするとこうなります。
※ポイントの最低交換数は無視して計算しています。

例:ふるさと納税を10,000円分する場合

①ハピタス経由の楽天市場で、楽天ポイント10倍のふるさと納税を探して、楽天カードで購入

  • 【楽天のカード支払い】10,000円
  • 【楽天ポイント】(13%)→ 1,300ポイント
  • 【ハピタスポイント】(1%) → 100ポイント

②ハピタスポイントを.moneyを経由してメトロポイントに変換

  • 【楽天ポイント】(13%)→ 1,300ポイント
  • 【ハピタスポイント】(1%) → 100ポイント → 0ポイント
  • 【メトロポイント】(90%) → 90ポイント

③楽天ポイントとメトロポイントをANAマイルに変換

  • 【楽天ポイント】(13%)→ 1,300ポイント → 0ポイント
  • 【メトロポイント】(90%) → 90ポイント → 0ポイント

  《ANAマイル》
   (楽天ポイント経由50%) → 650マイル
   (メトロポイント経由90%) → 81マイル
     合計 → 731マイル!!!

最初の支払い額が10,000円なので、ANAマイル還元率は7.31%になります!
楽天ポイントからANAマイルへの交換はレートが低いので本当に交換するかは考え方次第ですが、これはかなりお得感がありますね!!!


他にふるさと納税をする方法はたくさんありますが、私個人的にはお得感が物足りません(ㆀ˘・з・˘)
普通のふるさと納税専門サイト直だと、選べる品物は多いけど決済クレジットのポイントしかたまらないし、
ANAのふるさと納税だと、1%分のマイルしかたまらない、
ポイントサイト経由のふるさと納税専門サイトからだと、ハピタスだと最高でも5%のポイント還元どまりです。

私が一通り調べたなかでは、
ハピタスからのポイントアップ中の楽天市場経由が、黄金ルートだと思います!

楽天はふるさと納税専門サイトじゃないからそんなに商品ないんじゃないの?と思うかもしれませんが、
今現在の楽天サイトを確認した限り、130前後の市町村と提携しています。
10倍ポイントアップの数は限られますが、確実に定期的にポイントアップしますで、都度サイトをチェックしてみてください!



ちなみに、私も最近楽天のふるさと納税でうなぎをゲットしました!(o^^o)

楽天は口コミも見ることができるので、じっくり商品を選んでいたところ、口コミ数が500件を超えていてレビュー評価4.69(5点満点中)のうなぎがポイント10倍になっていたのです♪
もちろん楽天カードで払って、ポイント13倍でゲットしましたよ!

私は楽天カードをポイントサイト経由で発行したので、そっちでもANAマイルゲットしてます♪( ´▽`)


届いたうなぎがこんな感じ!かなりボリューミーです!
ふわふわで美味しかったですよー♪

f:id:mile-de-hawa111:20161111223533p:plain

また、ワンストップ特例申請書の通知もちゃんと郵便で届きました!
f:id:mile-de-hawa111:20161111212826j:plain


今年もそろそろ年の瀬ですね!
ふるさと納税で美味しいものでも取り寄せて、心をほっこりさせるのはいかがですか〜??

12月までに上限額いっぱいまでふるさと納税をして、
マイルを貯めていきましょう!!



ハピタスをまだ登録してない方はこちらから⬇︎⬇︎
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村